出版案内
福祉事業団

トライアスロン山本、五輪へ急成長 23歳以下アジア王者

11月に行われたITUトライアスロンワールドカップに出場し、自転車で疾走する山本(宮崎市)
11月に行われたITUトライアスロンワールドカップに出場し、自転車で疾走する山本(宮崎市)

 トライアスロンチーム「AS京都」(京都市南区)で活動する立命大3年の山本康貴が国際大会で力を伸ばしている。今夏にインドネシアで行われたASTCアジア選手権の男子23歳以下の部で優勝し、世界選手権にも出場した。「五輪を目指す」と練習に励む。

 7月のアジア選手権は有力選手によるエリートの部と23歳以下の部が同じコースで同時開催された。山本は有力選手に食らいつき、水泳、バイクで先頭集団に残った。しかし暑さに体力を奪われてランで離され、23歳以下では優勝したが、全体の8番手に終わった。「内容的には良くない、悔しいレースだった」と振り返る。

 向日市在住。3歳から兄弟で水泳を習い、2人の兄は全国高校総体や国体にも出場した。自身は練習が好きになれず、中学1年で水泳をやめた。中学2年になり、親の勧めで始めたトライアスロンも「本気でやるつもりはなかった」。だが、レベルの高いチームの先輩を見ているうちに心に火が付き、練習するほど記録が伸びる面白さにも目覚めた。

 2020年の東京、24年のパリで五輪出場という目標ができた今は「きついことばかりだけど、乗り越えて結果が出れば達成感がある」と語る。課題はランニングの強化。水泳、バイクで疲れた体でもフォームを崩さないようトレーニングを重ねている。目指すのは、リオデジャネイロ五輪で英国に金、銀をもたらしたブラウンリー兄弟のように積極的に前に出るスタイルだ。「みんなから憧れられる選手になりたい」と意気込む。

【 2017年12月25日 08時36分 】

ニュース写真

  • 11月に行われたITUトライアスロンワールドカップに出場し、自転車で疾走する山本(宮崎市)
  • 「五輪を目指したい」と抱負を語る山本
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      アルペンスキー、須貝は52位
      W杯男子SG第4戦

      20180120000006

       【キッツビューエル(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は19日..... [ 記事へ ]

      経済

      インテリアに和の技、パリでPR 見本市に京都の16社

      20180119000169

       フランス・パリで欧州最大級のインテリア・デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」が1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ゴッホと日本、憧れの往還 20日から京都近代美術館

      20180119000171

       「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(京都新聞など主催)の内覧会が19日、京都市左京区の京都..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      全日制倍率は4・18倍 18年度、滋賀の私立高入試

      20180119000185

       滋賀県は19日、県内の私立全日制・定時制高校の2018年度入試の出願状況をまとめた。全..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島2号機で溶融核燃料初確認
      第1原発調査、炉心から落下

      20180119000159

       東京電力は19日、福島第1原発2号機でカメラ付きのパイプを使い、原子炉格納容器内部を調..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン氏、氷点下で沐浴
      ロシア正教伝統行事

      20180119000139

       【モスクワ共同】ロシア正教で「主の洗礼祭」に当たる19日、凍結した海や川、湖などの氷を..... [ 記事へ ]