出版案内
福祉事業団

高速道あおり運転、通報が急増 京都府警、ヘリで監視

あおり運転を取り締まるため、上空のヘリコプターから撮影された名神高速道路上の走行車両(4日、京都市山科区)=京都府警提供
あおり運転を取り締まるため、上空のヘリコプターから撮影された名神高速道路上の走行車両(4日、京都市山科区)=京都府警提供

 車間距離をわざと空けずに走行する「あおり運転」に対する通報が、京都府内の高速道路で急増している。あおり運転が原因とみられる交通事故やトラブルが全国各地で相次ぎ、不安に感じるドライバーが増えているためとみられる。京都府警高速隊は12月から、ヘリコプターでの監視を始めるなど、悪質運転者の取り締まりを強化している。

 あおり運転を巡っては、神奈川県の東名高速道路で6月、ワゴン車が後続の車に無理やり追い越し車線に停止させられ、家族4人が死傷する事故が起きた。車を運転していた男は10月、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで逮捕され、その後、より罰則の重い同法の危険運転致死傷罪で起訴された。

 男の逮捕、起訴が報じられて以降、府警高速隊には「自分もあおり運転の被害に遭った」「運転中に目撃した」などの通報が急増。9月末まではわずか1件だったが、10月以降は41件(12月20日現在)まで膨らんだ。

 あおり運転は、道交法で罰則規定のある「車間距離不保持違反」に当たる可能性があり、府警は今月からヘリでの上空監視を始めた。4日には、京都市南区の名神高速道路で前方車両に接近して走行していた軽乗用車を発見し、運転していた60代男性に再発防止を指導した。男性は「急いでいたので、前方の車に車線を空けさせたかった」と話したという。

 上空監視は通行量の増える年末年始も行う予定。府警高速隊は「あおり運転は非常に危険な行為だ。車間距離を十分に確保し、心に余裕を持って運転してほしい」と呼び掛けている。

【 2017年12月27日 08時26分 】

ニュース写真

  • あおり運転を取り締まるため、上空のヘリコプターから撮影された名神高速道路上の走行車両(4日、京都市山科区)=京都府警提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      国旗別々で合同の入場行進
      閉会式では南北関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]