出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

社説:カヌー薬物投入 正々堂々と戦うべきだ

 2020年の東京五輪に出場するため、カヌー選手がライバルの飲み物に禁止薬物を投入したことが発覚した。

 何の落ち度もない他人を陥れようとする卑劣な行為で、まったく許し難い。スポーツの祭典である五輪を目指す選手に、正々堂々と戦うスポーツマンシップが欠けていたのは、誠に残念である。

 問題の行為は、昨年9月に石川県で開かれたカヌーのスプリント日本選手権であった。

 福島県協会所属の鈴木康大選手(32)が、五輪代表の座を争う小松正治選手(25)のドリンクボトルに、禁止薬物を含むサプリメントの錠剤を砕いて投入した。

 小松選手はレース終了後のドーピング検査で陽性反応を示し、身に覚えがないと訴えたものの、暫定的に資格停止処分となった。

 そのままでは、五輪への道が閉ざされていただろう。鈴木選手が薬物投入を認めたことは、せめてもの救いといえる。

 鈴木選手は、第一人者だった時期もあるが、これまで五輪出場を果たせなかった。昨年のレースでは小松選手に後れを取り、焦りがあった、とみられている。

 五輪出場だけが、競技を続ける目的になっていたのではないか。そうした考えに、固執してはならなかった。

 投入が発覚し、日本アンチ・ドーピング機構から、8年間の資格停止処分を科された。選手生命は、ほぼ絶たれるが、事の重大さから仕方なかろう。

 ほかにも、内外の大会で起きた用具の破損など妨害行為の一部で関与を認め、警察にも相談がなされている。問題となる行為はすべて明らかにし、粛々と処分を受けてもらいたい。

 今回の問題で、日本のスポーツ界全体が大きな衝撃を受けた。

 禁止薬物を、自ら使うのではなく、他人にドーピング違反をさせる目的で用いた国内では珍しいケースで、今後、どの競技においても発生しかねないからだ。

 日本カヌー連盟は、主催する大会では「ドリンク保管所」を設けて監視することを決めたが、それだけでは防ぎ切れまい。封の切ってあるものは飲まないといった意識を選手に徹底させる必要がある。

 来月開かれる平昌冬季五輪では、組織的にドーピング問題を起こしたロシア選手団が除外される。ドーピングに対する視線は国際的に、ますます厳しくなっており、2年後の東京五輪に向けて、さらなる対策を求めたい。

[京都新聞 2018年01月11日掲載]

【 2018年01月11日 11時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      イニエスタ「監督交代忘れたい」
      スペイン、イランとの第2戦

      20180620000017

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグB組で、20日にイラ..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]

      国際

      米、国連人権理離脱へ
      イスラエル批判と反発

      20180620000005

       【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は19日、国務省で国連人権理事会(理事国47カ国)..... [ 記事へ ]