出版案内
福祉事業団

リオ五輪代表・尾西、最後の出場 全国女子駅伝、三重

三重チームに合流し、現役最後の全国女子駅伝に向けて意気込みを語る尾西(京都市下京区)
三重チームに合流し、現役最後の全国女子駅伝に向けて意気込みを語る尾西(京都市下京区)

 2016年のリオデジャネイロ五輪女子5000メートル代表で、今季限りの引退を表明した三重の尾西美咲(積水化学)が最後の都大路を駆ける。日本選手権で同種目を4連覇した実績を持つ32歳のベテランは古里への感謝の思いを胸に、「楽しんで走りたい」と本番を心待ちにしている。

 三重県伊勢市出身のスピードランナー。全国女子駅伝は三重チーム一筋でこれまで10度都大路を走った。「沿道の応援がすごく多い。1区の上りで友達の声が聞こえて頑張れたことがある」と話す。

 第26回大会(2008年)では、出身の宇治山田商高の先輩であるアテネ五輪マラソン金メダリストの野口みずきさんとともに走り、当時の三重の過去最高タイムを記録した。「みずきさんが来てみんな盛り上がっていた。高校も同じでずっと憧れの選手。当時はすでに実業団に入っていたけど、本当は私もサインをもらいたかった」と笑う。

 高校卒業後の03年に積水化学に入社し、15年。「最初は大学に入ったつもりで4年間頑張ろうと思っていた。こんなに長く続けられた」。13、15年には世界選手権に出場。16年の日本選手権5000メートル決勝では持ち味の終盤のスパートで最後に2人を抜いて4連覇を飾り、初の五輪切符を手にした。

 全国女子駅伝は4年ぶりの出場となる。12日にチームに合流し、「いつも苦しいので最後は楽しんで走りたい。道路の真ん中を走れるのもなかなかないですよね」と笑いつつ、「中学生もいる。結果も大事だけど、年下の選手にとっては学ぶことが多い」としみじみ語る。後輩に積極的に話しかけ、豊富な経験を惜しみなく伝えている。

【 2018年01月13日 09時40分 】

ニュース写真

  • 三重チームに合流し、現役最後の全国女子駅伝に向けて意気込みを語る尾西(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      国旗別々で合同の入場行進
      閉会式では南北関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]