出版案内
福祉事業団

道の駅仮設店舗が違法 滋賀・妹子の郷、台風被害の復旧中

大津市が建築確認を申請せず、撤去が決まった道の駅の仮店舗(同市和邇中・妹子の郷)
大津市が建築確認を申請せず、撤去が決まった道の駅の仮店舗(同市和邇中・妹子の郷)

 大津市が管理する道の駅「妹子の郷」(同市和邇中)で台風被害から復旧中の仮設店舗が、建築基準法に違反していることが2日、分かった。市が本来必要な建築確認申請を怠っていた。市は「仮設なら建築確認は不要と誤認していた。反省している」として、今月中旬に撤去する。

 市によると、仮設店舗はプレハブ製の平屋(約60平方メートル)。建築基準法で10平方メートルを超える場合に必要な建築確認申請をしていなかったという。

 市の説明では、昨年10月の台風21号で、妹子の郷の店舗施設の屋根がめくれ上がる被害を受けた。このため、市の指定管理を受けた事業者が、市と協議した上で仮設店舗を設置した。

 事業者は昨年12月23日から週3日、営業を再開。今年1月、建物を見た市の担当者が「想定より大きかった」として、建築確認を担う市の別部署に確認し、違法状態が判明した。

 建築確認は管理者の市が申請する必要がある。市の担当部署は「台風の緊急対応で早くしないといけないと思っていた」としている。

 仮設店舗の撤去後は移動販売車などで営業を継続する。施設の再オープンは4月になる予定。

 妹子の郷は湖西道路の和邇インターチェンジに隣接し、2015年に開業。地元の農産物や菓子などの販売所が人気で、16年には約80万人が訪れた。

【 2018年02月03日 09時11分 】

ニュース写真

  • 大津市が建築確認を申請せず、撤去が決まった道の駅の仮店舗(同市和邇中・妹子の郷)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、久保は後半途中に出場
      ベルギー1部リーグ

      20180225000027

       【ベベレン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグで久保裕也のヘントは24日、敵..... [ 記事へ ]

      経済

      大手が注目、京大発半導体ベンチャー 社長はバイオ専攻

      20180224000031

       京都大発の半導体ベンチャーFLOSFIA(フロスフィア、京都市西京区)が、大手メーカー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の観光地巡る路線大幅増便 市バスが3月ダイヤ改正 

      20180225000022

       京都市交通局は、観光客らによる車内混雑の緩和に重点を置いた市バスのダイヤ改正を3月17..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      日系米国人がデモ、排外主義反対
      NY、収容謝罪から30年

      20180225000025

       【ニューヨーク共同】第2次世界大戦中の日系米国人に対する強制収容を米政府が謝罪して30..... [ 記事へ ]