出版案内
福祉事業団

JR大津駅ビル「使いづらい」 バリアフリー求めシンポ

障害者差別解消を考えるシンポジウムで、大津駅ビルの問題を訴える中川さん(大津市役所)
障害者差別解消を考えるシンポジウムで、大津駅ビルの問題を訴える中川さん(大津市役所)

 障害者差別の解消に向けた課題を考えるシンポジウムが3日、大津市役所(同市御陵町)で開かれた。JR大津駅ビルがバリアフリー化していない問題を取り上げ、当事者が「誰もが使いやすい建物になっていない」と訴えた。

 2016年秋に大津駅に開業した「ビエラ大津」はエレベーターが設置されていない。障害者や足の不自由な高齢者、ベビーカーを使う母親らに不便な状況となっている。

 シンポでは「障害者差別のない『おおつ』をめざす会」代表で、電動車いすで生活する同市の中川佑希さん(28)が思いを語った。「滋賀の玄関口なのに『利用しづらい』という声をよく聞き、残念だ。事前に当事者の意見を把握してもらう場があれば良かった」と提言した。

 同会は昨年10月、JR西日本や大津市にバリアフリー化を求める要望書を提出している。

 また、16年に施行された障害者差別解消法について、滋賀自立生活センターの垣見節子代表は「社会には障害のある人も含めて、多様な人がいる。そのことを皆が意識しないと、法律は絵に描いた餅になる」と指摘した。

 シンポは、同会や市障害者自立支援協議会などが主催。市民約100人が訪れた。

【 2018年02月04日 09時51分 】

ニュース写真

  • 障害者差別解消を考えるシンポジウムで、大津駅ビルの問題を訴える中川さん(大津市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      国旗別々で合同の入場行進
      閉会式では南北関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]