出版案内
福祉事業団

ボルダリング新施設、京都・美山に設置「五輪目指して」

懸命にボルダリングに挑戦する子ども(南丹市美山町・大野虹の湖交流センター)
懸命にボルダリングに挑戦する子ども(南丹市美山町・大野虹の湖交流センター)

 東京オリンピックの正式種目に採用されたのを機にボルダリングの人気が高まる中、京都府南丹市美山町の大野振興会は、大野虹の湖交流センター体育館にボルダリングウオールを新設した。子どもから大人まで幅広い年齢層が気軽に楽しめる競技とあって、同振興会は「多くの人たちに利用してもらい、交流の輪が大きく広がれば」と期待している。

 交流センターは廃校になった旧大野小の建物を活用する。地元のサークル活動やアイドルグループ、アーティストの合宿場所などとしても利用されている。さらに利用度を高めようと、全国的に注目されているボルダリングの施設も整備した。

 専用ウオール(合板製)は幅4・7メートル、高さ3・8メートル。振興会の役員がウオールの色塗りと突起するホールドの取り付けを行った。今月中旬のお披露目会では子どもたちに人気を集めたほか、年配の人も挑戦して「体力的にまだまだできる」と自信をよみがえらせる人もいたという。

 山口恒一会長(66)は「子どもたちがボルダリングに興味を持つきっかけになればと思う。本格的な施設ができる地元の北桑田高に進学して、オリンピックを目指してほしい」と夢を膨らませる。

 平日午前9時半から午後5時まで誰でも利用できる。1人1時間400円(体育館使用料)。南丹市民は割引がある。中学生以下は保護者の同伴が必要で、5歳以下は利用不可。申し込みは大野振興会0771(75)9110。

【 2018年02月04日 13時00分 】

ニュース写真

  • 懸命にボルダリングに挑戦する子ども(南丹市美山町・大野虹の湖交流センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      国旗別々で合同の入場行進
      閉会式では南北関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]