出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都府知事選、2極対決の構図 西脇、福山氏が出馬表明

西脇隆俊氏=左=と福山和人氏
西脇隆俊氏=左=と福山和人氏

 任期満了に伴う京都府知事選(3月22日告示、4月8日投開票)で、前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)と弁護士の福山和人氏(56)が10日、それぞれ京都市内で記者会見し、無所属での立候補を正式表明した。西脇氏は自民党と公明党が推薦を決め、民進党も今月下旬に決定する。福山氏は市民団体と幅広く連携する方針で、共産党や労働団体でつくる民主府政の会も加わる見通し。「2極対決」の構図が固まり、16年ぶりの新人同士の選挙戦が事実上スタートした。

 西脇氏は、雇用の安定や防災・減災対策の強化、行財政改革など八つの基本政策を発表した。「京都の底力を発揮し、人口減少社会でもいきいきと安心して暮らせる京都をつくりたい」と決意を示した。

 4期16年で引退する山田啓二知事の「後継」をアピールし、「山田知事が築いた礎を継承、発展させることで、府政を活性化させたい」と述べた。山田知事を支援してきた「活力京都の会」が枠組みを維持して選挙母体となる。

 西脇氏は京都市下京区出身。東京大法学部卒業後、建設省(現国土交通省)に入省。官房長、国土交通審議官などを務めた。

 福山氏は「光の当たらないところに光を当てるのが政治の役割。府民のために全力で頑張りたい」と話し、貧困対策や暮らしと地域を守る循環型経済など4項目の重点政策を発表した。

 また、「山田府政の良い部分はきちんと継承するが、足らざる部分はきちんと補う」と述べ、過去に知事与党サイドに対立する候補が訴えた「府政の転換」を強調する立場との違いを鮮明にした。府内の市民団体や労働団体などと選挙母体をつくる方針を示した。

 福山氏は宇治市出身。立命館大法学部卒。2001年弁護士登録。日本労働弁護団幹事、15年度の京都弁護士会副会長を務めた。

【 2018年02月10日 23時00分 】

ニュース写真

  • 西脇隆俊氏=左=と福山和人氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      イラン、スペイン戦へ「高揚」
      第2戦へ会見「ハードワークで

      20180620000001

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)で1次リーグB組のイランを率いるケイロス..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]

      国際

      ユーロ圏共通予算で合意
      独仏首脳、連携目指す

      20180620000002

       【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は19日、ベルリン近郊で..... [ 記事へ ]