出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

近江鉄道の今後、滋賀県が検討 BRTなど代替手段も想定

近江鉄道
近江鉄道

 鉄道事業の赤字が続く近江鉄道(滋賀県彦根市)の沿線地域の公共交通の在り方を検討するため、滋賀県は2018年度に交通ネットワークの調査を実施する。BRT(バス高速輸送システム)やLRT(次世代路面電車)など代替交通手段の導入も想定し、将来の方向性を考える判断材料とする。

 26日の県議会一般質問で三日月大造知事は「近江鉄道は維持運営が困難だと言われているが、地域にとっては不可欠な路線。県としてしっかり検討する」と述べた。加藤誠一県議(自民党)の質問に答えた。

 県は近江鉄道が現行のまま存続する場合、BRT、LRTを導入する場合、自治体が鉄道施設を保有し、民間に運行を委ねる「上下分離方式」を採用する場合の収支予測や地域への影響を調査する。18年度一般会計当初予算案に調査費約750万円を盛り込んだ。有識者や沿線住民らを交えた協議の場も設置する。

 近江鉄道によると、鉄道事業は1994年度から23年間、営業赤字が続く。2016年度は過去30年で最大の約3億円の赤字を計上した。不動産や観光事業で穴埋めし、同社全体では黒字経営を続けるが、近年は老朽化によるレールや車両の修繕費が増えており、設備投資費は10年で1・5倍に膨らむと見込む。

 同社と県、沿線5市5町は昨年1月に勉強会を発足させ、同社の経営状況を共有してきた。同社は「赤字が続く中、民間単独の経営継続は困難だ。公共交通は自治体が主体的に取り組むもので、沿線住民の目線で公共交通の在り方を考えてほしい」としている。

 近江鉄道は国が構想路線と位置づける「びわこ京阪奈線(仮称)」の一部に当たり、国や県、5市5町は1998年度から同社の線路設備の整備などに計24億円を支援してきた。

 三日月知事は「公共交通の充実は健康しがをつくる上で重要。まちづくりとして検討できる県庁の体制を考えたい」と述べ、福祉や教育、観光なども含めた部局横断的な体制づくりに着手する意向を示した。

【 2018年02月26日 23時10分 】

ニュース写真

  • 近江鉄道
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      全英OPゴルフ、スピースが首位
      第3日、宮里優20位

      20180721000144

       【カーヌスティ(英国)共同】男子ゴルフの全英オープン選手権は21日、英国北東部のカーヌ..... [ 記事へ ]

      経済

      フィアットCEOが退任
      ジープ責任者が後継

      20180722000007

       【ロンドン共同】欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園祭・花傘巡行、酷暑予想で中止 

      20180721000147

       24日に京都市内で開催予定の祇園祭の花傘巡行について、八坂神社(東山区)は21日、酷暑..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]

      国際

      スペイン前政権党新党首に若手
      臨時党大会で選出

      20180722000009

       【パリ共同】スペインの中道右派野党、国民党は21日、臨時党大会で右派寄りの若手下院議員..... [ 記事へ ]