出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東京五輪演出の山崎氏、平昌視察
「定型崩し日本らしさを」

 インタビューに答える山崎貴氏
 インタビューに答える山崎貴氏

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出を手掛けるチームのメンバーで「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで知られる映画監督の山崎貴氏(53)が27日、平昌冬季五輪の視察を終えて東京都内でインタビューに応じ、東京大会への教訓として「今ある定型のパターンを崩しながら、日本らしさを伝えたい」と語った。

 ―現地で五輪の開閉会式を視察した印象は。

 「非常にまとまっていたが、どこか当たり障りのない感じで驚きはなかった。フォーマットに合わせて用意された演出。そこは少し違う手を使っていかないといけない」

 ―観客との一体感は。

 「小太鼓が配られていたが、意外と使われていなかった。お客さんも一緒に巻き込み、やれるのが一番いい。現場の参加感というかライブ感。心理学的なことを勉強しないといけない気がした」

 ―小型無人機ドローンを使った演出や人の顔をした鳥の像も話題に。

 「意外なところで人は反応する。例えば上半身裸で入場行進したトンガの選手とか。現場とテレビで見ている人たちの感覚を一致させることも注力しないといけない」

 ―東京大会は五輪、パラリンピックの開閉会式を一連の4部作と捉え、起承転結のストーリーを考える役割も担う。

 「全体のうねりの中で大きな物語の流れをつくることを要求されている。難しいが、工夫のしがいはある。『サムライ・フジヤマ・ゲイシャ』ではない日本らしさが全編に通っていればいい」

 ―リオデジャネイロ大会の引き継ぎ式はユーモアを交えて好評だった。

 「あれは8分間の演出に格好良さ、新しさ、面白さが全部凝縮されていた。今の日本ってこんな感じなんだな、と見えた気がして。そこにヒントがあるような気がする」

【 2018年02月27日 18時36分 】

ニュース写真

  •  インタビューに答える山崎貴氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      テニス、杉田が世界7位倒し8強
      ゲリー・ウェバーOP

      20180621000022

       【ハレ(ドイツ)共同】男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは20日、ドイツのハレで行..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      潮風に揺れるラベンダー、香り楽しんで 京都・京丹後で見頃

      20180621000063

       京都府京丹後市丹後町の高嶋海岸を見渡せる丘陵にある「海の見えるラベンダー畑」が見頃を迎..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東海第2原発の耐震実験を公開
      報道陣に、規制委も同行

      20180621000062

       日本原子力発電は21日、再稼働を目指す東海第2原発(茨城県)の設備の耐震性を調べる実験..... [ 記事へ ]

      国際

      B・V・ベイダー氏死去
      米プロレスラー

      20180621000007

       ビッグバン・ベイダー氏(米プロレスラー、本名レオン・ホワイト)自身の公式ツイッターによ..... [ 記事へ ]