出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「ポケット憲法」京都の識者ら発刊 全文や歴史掲載

研究者や弁護士が発刊した「ポケット憲法」
研究者や弁護士が発刊した「ポケット憲法」

 京都大の岡田知弘教授ら学識者や弁護士5人が、現憲法や大日本帝国憲法を載せた手のひらサイズの「ポケット憲法」を発刊、普及させる取り組みを始めた。安倍晋三首相が年内の国会発議を視野に入れるなど改憲が現実味を帯びる中、「まずは憲法を手に取って知ることから始めて、自ら考える一助にしてほしい」と話す。

 呼び掛け人は、代表を務める岡田教授と、龍谷大の奥野恒久教授、京都大の高山佳奈子教授、ともに京都弁護士会所属の中村和雄弁護士と尾藤廣喜弁護士。

 憲法を議論する際に気軽に取り出して使えるようにと、ポケット憲法には現憲法と大日本帝国憲法の全文と、1947年に文部省(当時)が出した「あたらしい憲法のはなし」の抜粋を載せた。絵本作家いわさきちひろさんのイラストを添えた。1冊100円程度のカンパを募る。

 このほどサイト「手のひらに憲法プロジェクト」を立ち上げた。ポケット憲法の内容のほか、自由民権運動家の植木枝盛が起草した「東洋大日本国国憲案」なども紹介して憲法の源流を考える。会員制交流サイト(SNS)を使い、取り組みを全国に広げる。

 京都では、府知事を7期務めて革新府政を築いた故蜷川虎三氏の発案で府が65年にポケット憲法を作成。77年まで発刊し、その後も労働組合などが配布し、全国に広がった歴史がある。

 今回の発刊では、明治憲法から何が変わったのかを知ることで改憲論議のたたき台にする狙いから、大日本帝国憲法も含めた。岡田教授は「改憲論議は抽象論や感情論に陥りがち。憲法の全体像を理解した上で個々の条文改正を考えるべきであり、そのための素材を提供したい」と話す。ポケット憲法の冊子の希望者は、同プロジェクトのメール(info@pocketkenpo.com)か電話075(211)1161で申し込む。

【 2018年03月03日 19時40分 】

ニュース写真

  • 研究者や弁護士が発刊した「ポケット憲法」
  • 「ポケット憲法」の発刊について説明する岡田教授(右から2人目)ら呼び掛け人=京都市上京区・京都府庁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      マリナーズ、球場契約を更新
      来季から25年間、新しい名前に

      20180524000107

       【オークランド共同】米大リーグのマリナーズは23日、シアトルの本拠地セーフコ・フィール..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、多言語スマホ貸し出し
      外国人実習生受け入れの企業

      20180524000111

       シャープは24日、外国人技能実習生を受け入れている企業向けに、多言語対応のスマートフォ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都遺産第2弾に3件認定 水の文化、京町家、明治の近代化

      20180524000055

       京都市は、市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリア新首相が組閣本格化
      五つ星と同盟から起用

      20180524000097

       【ローマ共同】イタリアの新首相に指名された法学者のジュセッペ・コンテ氏(53)は24日..... [ 記事へ ]