出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

即完売、障害者施設の高級食パン 京都産バターと塩使用

オーブンから出した「京の旨」の焼き上がりを確かめる今井さん(京都市左京区・飛鳥井ワークセンター)
オーブンから出した「京の旨」の焼き上がりを確かめる今井さん(京都市左京区・飛鳥井ワークセンター)

 京都市左京区の障害者施設「飛鳥井ワークセンター」が、京都府内産の希少なバターと塩をふんだんに使った高級食パンを新たに開発した。1斤660円とかなり高額で販売日も不定期だが、店頭に並べば即完売の人気ぶり。センターでは「積み重ねてきた技術を糧に全力で取り組みたい」としている。

 飛鳥井ワークセンターは1996年の開設以来、製パン事業に取り組む。作ったパンはセンターと同じビルの1階にあるスーパー内の店舗で販売していて、地域の店として定着している。食パンの味をさらに改良しようと、職員らが昨年9月以降、試作を重ねてきた。

 完成した食パン「京の旨(うまみ)」は、昨年11月に府内の障害者施設を対象に行われたパンのコンテスト「ベーカリーあすのKyotoカップ」食卓パン部門でグランプリを受賞。京丹後市産のジャージー牛バターと塩を使用するなど材料に徹底的にこだわったほか、湯で溶いた米粉をパン生地に混ぜる製法でもちもちした食感を実現した。

 材料が希少なため定期的に製造するのは難しく、現在は販売の数日前に店頭で告知して売り出している。従来の食パン(1斤230円)に比べてもかなり高額だが、2回ほど売り出した際にはいずれも数時間で完売した。

 開発に携わった職員の今井浩貴さん(32)は、バターや塩を作る現場を見学した際に「これほど丁寧に作られている材料を用いて、自分たちもよりよいパンを届けたい」との思いを抱いたといい、「パンを通して僕らの気持ちがお客さんに伝われば」と話している。

 1回の販売量は15斤程度で、次回の販売日は6日。問い合わせは左京区田中飛鳥井町のワークセンター075(722)5991。

【 2018年03月06日 12時52分 】

ニュース写真

  • オーブンから出した「京の旨」の焼き上がりを確かめる今井さん(京都市左京区・飛鳥井ワークセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      日本人を枢機卿に任命
      前田大司教、6人目

      20180521000004

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命する..... [ 記事へ ]