出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新出生前診断は「命の選別」 京都、強制不妊批判も

旧優生保護法下での強制不妊手術や新出生前診断の背後に潜む「命の選別」について議論したシンポジウム(京都市左京区・市障害者スポーツセンター)
旧優生保護法下での強制不妊手術や新出生前診断の背後に潜む「命の選別」について議論したシンポジウム(京都市左京区・市障害者スポーツセンター)

 妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断や旧優生保護法下での強制不妊手術に潜む「命の選別」を批判するシンポジウムが10日、京都市左京区の市障害者スポーツセンターで開かれた。研究者や障害のある人が登壇し、「新たな命が生まれる可能性を奪う行為は医療ではない」などと話した。

 優生手術に対する謝罪を求める会の利光恵子さん(64)は、旧優生保護法下で実施された強制不妊手術について「国が実態解明し謝罪と補償を」と訴えた。また、今月に日本産科婦人科学会が方針を示した新出生前診断の適用拡大で「不適切とされた胎児の排除が進む」と懸念。旧優生保護法の優生思想が現代社会に根付いていることを指摘した。

 遺伝性疾患の筋ジストロフィー患者の加古雄一さん(41)は、支援制度の欠如が障害のある生を不幸と思わせると説明。「新出生前診断をしなくても幸せに暮らしていける社会を形作ることが大切」と述べた。

 このほかダウン症の人の母親である佐々木和子さん(68)や日本自立生活センター代表の矢吹文敏さん(73)が、全ての生が肯定される社会の実現を訴えた。

 シンポジウムは、京都ダウン症児を育てる親の会(上京区)などが主催した。

【 2018年03月10日 23時00分 】

ニュース写真

  • 旧優生保護法下での強制不妊手術や新出生前診断の背後に潜む「命の選別」について議論したシンポジウム(京都市左京区・市障害者スポーツセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]