出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「道路寸断したら逃げられない」 滋賀の原発30キロ圏住民

滋賀県の避難計画認知度
滋賀県の避難計画認知度

 関西電力大飯原発(福井県おおい町)の30キロ圏に位置する滋賀県高島市朽木地区の住民アンケートからは、避難経路が山中の道路しかなく「土砂崩れが起きれば逃げ道がない」という高齢者らの不安が浮かんだ。滋賀県の計画による避難手順を知らない人が多く、情報周知の強化を求める声が相次いだ。

 「事故が起きたら原発から離れたいけど、道がふさがれると山を下りられない」。西島雪枝さん(77)は危機感を抱いている。

 滋賀県南部や京都、大阪府への避難路は山中の集落をつなぐ道だけ。原発事故と大地震の複合災害では道路が崩れ、孤立しかねない。細く険しい場所も多く、住民は「避難できるよう道路を整備してほしい」と行政への要望を挙げた。

 県が策定した避難計画の中身を「知らない」人は9割に上る。岡田辰男さん(83)は「避難の段取りは分からない」。計画では避難所に逃げる前に「中継所」に立ち寄り、被ばく検査や除染を行う手順だが、「中継所の場所を知らない」という声が目立った。

 県や高島市が実施した原発防災訓練に参加経験のある男性(70)は「訓練は行政の言う通りに行動しただけ。正直、計画は理解できていない」と打ち明ける。男性(65)は「住民説明会をもっと増やしてほしい」と情報周知を求めた。

 回答した住民は平均年齢69歳。独居高齢者が多く、自身で車を運転できないケースがあった。「地域で原発を話題にすることは少ない」と関心が高まっていない現状を語る人もいた。

 原発再稼働に関しては、「琵琶湖に注ぐ川が汚染される。絶対に反対」とする声が出た一方、「規制基準が厳しくなっている。電力のために必要では」と容認する意見が聞かれた。

 県原子力防災室は「山道が寸断された場合、復旧作業を急ぎ、ヘリでのピックアップも検討する。計画の周知不足は大きな課題。訓練や説明会で繰り返し情報を伝えていきたい」としている。

【 2018年03月11日 09時12分 】

ニュース写真

  • 滋賀県の避難計画認知度
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]