出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

性犯罪絵本に男性被害例も 大津のNPO、相談呼び掛け

おうみ犯罪被害者支援センターが作った絵本「たすけて」の改訂版(大津市)
おうみ犯罪被害者支援センターが作った絵本「たすけて」の改訂版(大津市)

 犯罪に巻き込まれた人たちからの無料相談などに取り組む大津市のNPO法人「おうみ犯罪被害者支援センター」は、恐喝や痴漢など犯罪被害の事例をまとめた、知的障害者や子ども向けの絵本「たすけて」の改訂版を作った。昨年の改正刑法施行を受け、男性の性犯罪被害を新たに盛り込み、事件に遭った場合は同センターなどの専門機関に相談するよう呼び掛けている。

 性犯罪を厳罰化した改正刑法は被害者に男性を含めた。「ボクは、だれもいないところでパンツをおろされて、体をさわられました」「ずっとだまってガマンしていました」などと平仮名を多用した文章に手描きのイラストを添え、犯罪事例を分かりやすく伝えている。

 中には被害を周囲に打ち明けられなかったり、自分を責めたりする人も少なくない。そんな心の葛藤も描き加え、当事者が声を上げるのを後押ししている。

 「たすけて」は知的障害者向けに2014年に作成したところ、内容が平易なことから児童らが犯罪被害を正しく理解する教本としても好評で、全国から問い合わせがあった。残部がなくなったため改訂版を企画した。

 B5判、34ページ。千部作成し、県内の共同作業所や特別支援学校に配布予定。絵本を読み聞かせしたDVDも300枚作った。

 同センターは「特に性被害の場合は自責の念に駆られる人が多いが、被害者は悪くない。勇気を出して相談してほしい」と話す。問い合わせは同センター077(527)5310。

【 2018年03月11日 21時00分 】

ニュース写真

  • おうみ犯罪被害者支援センターが作った絵本「たすけて」の改訂版(大津市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー日本代表、19日初戦
      W杯1次L、コロンビアと

      20180618000005

       【カザン(ロシア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)1次リーグH組の日本代表は、1..... [ 記事へ ]

      経済

      日本全国の米ずらり 京都BALにAKOMEYA、7月開店

      20180617000128

       コメを中心に食品や雑貨を販売する「AKOMEYA(アコメヤ) TOKYO」が7月7日、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      長刀鉾稚児、大役の決意伝達 京都・祇園祭「結納の儀」

      20180617000117

       祇園祭前祭(さきまつり)の長刀鉾(京都市下京区四条通烏丸東入ル)が、今年の稚児で同志社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「宇宙、懐かしい感じした」 山崎直子さん、京都で講演

      20180617000021

       日本人女性2人目の宇宙飛行士、山崎直子さん(47)を招いた講演会が16日、京都市左京区..... [ 記事へ ]

      国際

      米で銃乱射、20人負傷
      芸術祭会場、容疑者死亡

      20180617000140

       【ニューヨーク共同】米東部ニュージャージー州トレントンの芸術祭会場で17日午前2時45..... [ 記事へ ]