出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「怒鳴られ発砲、あり得ない」 滋賀の射殺、若手警官の思い

発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)

 滋賀県警彦根署の警察官が、教育係の巡査部長(41)を射殺した事件で、殺人容疑で県警に逮捕されたのは、警察学校を卒業後、現場に配属されてわずか2カ月あまりの男性巡査(19)だった。若い警察官は、拳銃についてどのような訓練や指導を受け、貸与されてどんなことを感じているのか。他県の若手警察官が14日までに京都新聞社の取材に応じ、今回の事件に対する衝撃や、初めて拳銃を手にしたときの思いを語った。

 この警察官は、警察学校に入ってから1~2カ月後、初めての射撃訓練に臨んだ。20メートルほど離れた的に20発ほどを撃った。想像していたより反動は少なく、「こんなものか。エアガン感覚だ」と感じた。

 訓練前、「撃ちたくない」「怖い」と教官に申し出る女性警察官もいた。教官が「仕事だから、撃たなあかん」とたしなめ、全員が発砲した。その後、月に一度ほど射撃訓練をした。検定に合格しないと拳銃を貸与されないため、射撃が下手な警察官は授業後も居残って訓練していた。

 現場で勤務して数年。今も、年に1度は訓練で発砲するが、現場では拳銃をホルダーから取り外したことはない。「これからも、ほぼゼロに近い確率だと思っている」

 今回の事件に、衝撃を受けている。「厳しい職場なので怒鳴られたりすることもあるが、一緒に5回勤務しただけで、発砲するなんてあり得ない。特殊すぎる」と厳しく非難する。

 同じ組織の若手警察官が、貸与された拳銃を自らに向け、命を絶ったことがあった。「拳銃を持っているから、極端な話、やろうと思えばできる。警官が警官を撃つ事件もなかったのが不思議」と話す。

 一方で、未成年や経験の浅い警察官に、拳銃の貸与を制限すればいいかと問うと、「拳銃を持たないと、凶悪犯から市民や自分を守れない。制服を着ているのだから、警察官として意味がない」ときっぱり答えた。

【 2018年04月15日 12時33分 】

ニュース写真

  • 発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      衣笠氏「少年時代のヒーロー」
      DeNA戦の横浜、悼む声

      20180424000202

       プロ野球DeNAの本拠地・横浜スタジアムでは24日夜、衣笠祥雄氏が所属していた広島との..... [ 記事へ ]

      経済

      アマゾン、マイカーに配達
      米で新サービス、留守中

      20180425000008

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムは24日、マイカー内に商品を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、近隣国と関係強化
      上海機構が外相会議

      20180424000163

       【北京共同】中国とロシア、インド、中央アジア諸国などで構成する「上海協力機構(SCO)..... [ 記事へ ]