出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

白票水増し防止へ特化マニュアル 滋賀、第三者委が提案

白票取り扱いマニュアルなどについて議論した第三者委第2回会合(甲賀市役所)
白票取り扱いマニュアルなどについて議論した第三者委第2回会合(甲賀市役所)

 滋賀県甲賀市選挙管理委員会の幹部職員4人が昨年10月の衆院選小選挙区の開票作業で白票を水増しした問題を受け、市選管は16日、再発防止策を議論する第三者委員会の第2回会合を開いた。各投票所から持ち込まれた未使用の投票用紙のずさんな管理が不正の要因となったことから、市選管は未使用の投票用紙の管理に特化したマニュアル作成や担当係の新設を提案した。

 これまで未使用の投票用紙は段ボール箱に入れて封印せずに、庶務係が管理していた。市選管は、新たに作成する「白票(未使用の投票用紙)取り扱いマニュアル」を6月の知事選から運用する方針で、この日の会合で素案を示した。投票所から集まった未使用の投票用紙の枚数を確認した上で保管箱に入れて封印し、立会人らが監視できる場所に置く▽万一開封する場合は開票管理者に確認した上で行う、などを盛り込んだ。未使用用紙の管理業務を行う専属の係も新設する。

 その他の再発防止策として、開票台に投票用紙を移して空になった投票箱の個数や投票所番号を確認する係の新設▽係ごとに色分けしたベストの着用▽投票箱解錠や開票開始を選管事務局長らが場内アナウンスで指示-などを報告した。

 また開票事務従事者ら職員29人に弁護士が行った聞き取り調査の結果概要も発表された。不適切な開票事務の例として、開票作業中に開票台の下に票の入ったままの投票箱があり、気づいた人が中の票を出して箱を運んだ▽開票数が投票数より少ないと分かった時点で、空箱保管室に未開票の投票箱がないか数名で探したが、別の場所で見つかったと思い、途中でやめた-などの証言があった。

 会合後、第三者委の小島勇人委員長は「白票取り扱いマニュアルを定めたことは他市になく評価できる」と話した。次回は5月11日に行い、知事選に向けた事務改善の中間報告をまとめる。

【 2018年04月16日 22時50分 】

ニュース写真

  • 白票取り扱いマニュアルなどについて議論した第三者委第2回会合(甲賀市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      エンゼルス大谷がメジャー初4番
      ジャイアンツ戦

      20180423000006

       【アナハイム共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平選手(23)が..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、半導体売却中止含め対応策
      中国独禁法審査の難航で検討

      20180422000137

       東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、中国独禁法審査の難航が続き5月末までに承認さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神幸祭の神輿6基、勇壮に船渡御 京都・松尾大社

      20180422000096

       京都市西京区の松尾大社の伝統行事「神幸祭」が22日、西京区や右京区で営まれた。6基の神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      アフガン首都で自爆、57人死亡
      「イスラム国」が犯行声明

      20180422000095

       【カブール共同】アフガニスタンの首都カブールの有権者登録事務所近くで22日、自爆テロが..... [ 記事へ ]