出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

電話相談「無言」が1割 「いたずらだけではない」

電話で悩みを聞く「こころんだいやる」の相談員(滋賀県庁内)
電話で悩みを聞く「こころんだいやる」の相談員(滋賀県庁内)

 子どもや保護者、青年らの悩みを聞く滋賀県の電話相談窓口「こころんだいやる」で、無言電話が目立っている。毎年、電話をかけても話さないで切るケースが相談件数全体の1割に上っている。ただ、運営する県子ども・子育て支援センターは「単なるいたずらだけではない」と指摘。話しやすい相談員を探していたり、相談をためらったりしているケースも多いと分析し、「無言でもいい。困ったことがあれば活用を」と呼び掛けている。

 こころんだいやるは、2001年に教育委員会や警察本部などの電話相談窓口を統合して業務を開始。子育てやいじめ、不登校、非行や進路、しつけなど幅広い悩みに相談員が耳を傾け、必要があれば専門機関を紹介するなどしている。

 16年度の相談件数は延べ5423件。件数は12年度の2777件と比べ増加傾向にあるが、同じ人から頻繁に相談があるケースも含み、実人数としては減少傾向にあるとみられている。

 ただ、無言電話が占める割合は16年度が15%、15年度が16%、14年度が12%と毎年1割程度で推移している。同センターは、相手が声を確認して切っている様子を感じるといい、「いたずら目的はそれほど多くなく、前に相談して話しやすかった相談員を探しているのではないか」と分析。相談を切り出せずに切っていることもあると推測し、「こちらも話しやすい応答を心がけたい」としている。

 一方、無言電話を除いた相談件数では母親からの相談が75%の3467件を占め、乳幼児の子育てに悩む保護者からの相談が増加傾向にあるという。同センターは「誰にも相談できず、孤立しているのを感じる。困ったことや気持ちを聞いてもらえる場として、気軽に活用してほしい」としている。

 こころんだいやるは、077(524)2030。年末年始を除く、午前9時~午後9時。

【 2018年04月21日 08時54分 】

ニュース写真

  • 電話で悩みを聞く「こころんだいやる」の相談員(滋賀県庁内)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      マリナーズ、球場契約を更新
      来季から25年間、新しい名前に

      20180524000107

       【オークランド共同】米大リーグのマリナーズは23日、シアトルの本拠地セーフコ・フィール..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、多言語スマホ貸し出し
      外国人実習生受け入れの企業

      20180524000111

       シャープは24日、外国人技能実習生を受け入れている企業向けに、多言語対応のスマートフォ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都遺産第2弾に3件認定 水の文化、京町家、明治の近代化

      20180524000055

       京都市は、市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリア新首相が組閣本格化
      五つ星と同盟から起用

      20180524000097

       【ローマ共同】イタリアの新首相に指名された法学者のジュセッペ・コンテ氏(53)は24日..... [ 記事へ ]