出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

山岳遭難が過去最悪 滋賀県内、7割弱が中高年

ロープを使った下降訓練に取り組む山岳警備隊員ら(大津市真野2丁目・大津北署)
ロープを使った下降訓練に取り組む山岳警備隊員ら(大津市真野2丁目・大津北署)

 滋賀県内で昨年1年間の山岳遭難が、過去最悪の76件だったことが27日、滋賀県警への取材で分かった。京都・滋賀の登山者に人気が高い比良山系が4割超を占める。県警は「登山届の提出と、時間に余裕を持った計画的な山行を」と注意を呼びかけている。

 県警によると、昨年の山岳遭難件数は、過去最悪だった2016年を6件上回った。負傷者は108人、死者・行方不明者は5人だった。道迷いが最多の40件で、転倒が14件、滑落が11件と続く。遭難者の約7割は40代以上の中高年だった。山域別では、比良山系が32件、鈴鹿山系が14件となっている。

 今年も3月末までに、11件の遭難があり、死者・行方不明者は3人、負傷者は6人に上る。

 比良山系の大部分を管轄する大津北署では27日、「山岳警備隊」の署員20人が訓練を実施。登山者の指導、救助にあたる「レスキュー比良」の登山家2人とともに、同署の外壁でロープを使った下降訓練や、装備点検に取り組んだ。

 レスキュー比良の松下征文代表(73)は「昔取ったきねづかで、安易に登る中高年登山者が目立つ。県内の山は樹林帯で見通しが悪く、道に迷って下る途中、険しい谷に入り込んで滑落するケースが多い」と話している。

【 2018年04月28日 09時00分 】

ニュース写真

  • ロープを使った下降訓練に取り組む山岳警備隊員ら(大津市真野2丁目・大津北署)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      女子テニス、奈良は1回戦敗退
      ネイチャーバレー国際

      20180625000182

       テニスのネイチャーバレー国際は25日、英国のイーストボーンで行われ、女子シングルス1回..... [ 記事へ ]

      経済

      W杯健闘、ビールに特需
      初戦機に、売り込み続く

      20180625000175

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が健闘し、ビール業界に「特需」をも..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真夏の暑さ、茅の輪くぐり息災願う 京都・北野天満宮

      20180625000102

       本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      3500人分ゲノム公開、東北大
      病気の原因究明へ

      20180625000191

       東北大などは25日、健康な人約3500人分のゲノム(全遺伝情報)を解読し、日本人の標準..... [ 記事へ ]

      国際

      ニュージーランド女性相も産休へ
      首相に続き最長3カ月

      20180625000193

       【ブリスベン共同】ニュージーランド政府は25日、ジェンター女性相(38)が8月6日に出..... [ 記事へ ]