出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

優生手術、京都で新たに12人特定資料 未整理文書で発見

不妊手術を受けた12人の記録が残っていた「強制優生手術関係綴」(京都府提供)
不妊手術を受けた12人の記録が残っていた「強制優生手術関係綴」(京都府提供)

 京都府は2日、旧優生保護法に基づき強制的に不妊手術を受けさせられた個人12人を特定する資料が新たに見つかったと発表した。公文書の保存期限は過ぎていたが、府立京都学・歴彩館(旧総合資料館)に未整理の文書として残っていた。5月中旬に個人情報を除く部分を閲覧公開する。

 新たに見つかったのは、1958年度に作成された「強制優生手術関係綴(つづり)」。手術を受けさせられた個人の名前や住所などが記入された優生手術申請書をはじめ、手術の行政手続きに必要な手術適否の審査結果、手術実施報告書など一式が12人分とじられていた。府の統計でも58年度の手術件数は男性7人、女性5人となっている。府健康福祉部は「今後、資料内容を精査し、状況に応じて本人確認や、実態把握をしていきたい」としている。

 府内では1953~75年に89人が強制手術させられたが、公文書の保存期限が過ぎ、残存資料が少ないことが救済の壁となっている。府もこれまで「個人を特定できるのは1人分のみ」と説明していた。

 国会で救済措置を探る動きが強まり、厚生労働省が3月末、都道府県に対し資料保全を要請した。府では、同館が収集し、段ボールなどに入れたままだった保存期限切れの資料1万6千点を全て確認した結果、同綴を含む5冊の関連文書が見つかったとしている。

 同館の荒田豊副館長は「同綴は当時の職員が学術的・歴史的に必要と判断し、抽出して保管していたとみられる。前後の年度の資料は残っていなかった」としている。

 手術を受けた本人や親族からの府の相談窓口は075(414)4580。

【 2018年05月02日 22時47分 】

ニュース写真

  • 不妊手術を受けた12人の記録が残っていた「強制優生手術関係綴」(京都府提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー乾選手「迷いなく打てた」 滋賀で祝賀会 W杯振り返る

      20180719000199

       サッカーワールドカップ(W杯)で日本の決勝トーナメント進出に貢献した乾貴士選手(30)..... [ 記事へ ]

      経済

      五山送り火と舞妓の踊り、屋上で満喫 京都新阪急ホテルがプラン

      20180719000213

       京都新阪急ホテル(京都市下京区)は、8月16日に催す「五山送り火鑑賞プラン」を販売して..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旧三井家別邸、闇夜に浮かぶ 京都・下鴨、初の夜間公開

      20180719000200

       近代京都の和風木造建築の特徴を伝える重要文化財「旧三井家下鴨別邸」(京都市左京区)で1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞の大村氏記念館完成
      山梨大式典、山中氏と対談

      20180719000223

       ノーベル医学生理学賞を2015年に受賞した大村智北里大特別栄誉教授(83)の功績をたた..... [ 記事へ ]

      国際

      フィギュアのテン選手刺殺
      ソチ五輪銅、カザフスタン

      20180719000212

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、カザフスタ..... [ 記事へ ]