出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「配慮ない」批判受け専用窓口 強制不妊問題で京都府

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき知的障害などを理由に不妊手術が強制された問題で、京都府は22日、当事者や親族向けに専用窓口として「優生保護相談ダイヤル」を新設する。全国各地で国に損害賠償を求めて提訴する動きが広がっており、研究者による講演会が19日、弁護士による相談会は21日、いずれも京都市内で開かれる。

 旧法を巡っては今月17日、宮城県と北海道、東京都の70代の男女3人が各地裁に国家賠償訴訟を起こした。京都府の記録では53~75年に計89人が強制手術を受けさせられたが、個人を特定できる資料で保存が確認できたのは13人分にとどまる。

 府は4月から「こども総合対策課」を電話相談の窓口としていたが、障害者団体などから「強制的に子どもを産めない体にさせられた人に配慮がなさ過ぎる」と批判が上がっていた。専用窓口の開設について西脇隆俊知事は定例会見で、「課の名前により相談を躊躇(ちゅうちょ)する恐れがあるとの指摘はもっともだ」と説明した。

 府は相談者に必要な情報を伝えるほか、女性からの相談には女性職員を充てるなど配慮するとしている。専用ダイヤルは075(451)7100。受付時間は祝日を除く毎週月~金曜の午前9時~正午と午後1~5時。

 「京都ろうあネットワーク」(左京区)の講演会は19日午後1時半、伏見区の市呉竹文化センターで開かれる。松波めぐみ・龍谷大非常勤講師(人権教育)が、優生思想の問題点や各地で当事者が提訴した経緯を語る。旧法では「遺伝性の難聴またはろう」も強制不妊手術の対象だった。聴覚障害者の被害者も多いことから企画した。

 21日には、弁護士による全国一斉電話相談会がある。京都弁護士会では、福祉問題に詳しい弁護士が当事者や家族の相談を受け付ける。電話相談は午前10時~午後5時。075(231)2500。ファクス075(231)2373。

【 2018年05月18日 22時34分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー乾選手「迷いなく打てた」 滋賀で祝賀会 W杯振り返る

      20180719000199

       サッカーワールドカップ(W杯)で日本の決勝トーナメント進出に貢献した乾貴士選手(30)..... [ 記事へ ]

      経済

      五山送り火と舞妓の踊り、屋上で満喫 京都新阪急ホテルがプラン

      20180719000213

       京都新阪急ホテル(京都市下京区)は、8月16日に催す「五山送り火鑑賞プラン」を販売して..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旧三井家別邸、闇夜に浮かぶ 京都・下鴨、初の夜間公開

      20180719000200

       近代京都の和風木造建築の特徴を伝える重要文化財「旧三井家下鴨別邸」(京都市左京区)で1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ノーベル賞の大村氏記念館完成
      山梨大式典、山中氏と対談

      20180719000223

       ノーベル医学生理学賞を2015年に受賞した大村智北里大特別栄誉教授(83)の功績をたた..... [ 記事へ ]

      国際

      フィギュアのテン選手刺殺
      ソチ五輪銅、カザフスタン

      20180719000212

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、カザフスタ..... [ 記事へ ]