出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

口の体操、笑って介護予防 京都、大道芸人と役所が考案

三三七拍子のリズムに合わせ舌先を上下左右に動かす体操を実演する田久さん=左=と、目を大きく開けて口をすぼめ、タコの顔まねをする体操
三三七拍子のリズムに合わせ舌先を上下左右に動かす体操を実演する田久さん=左=と、目を大きく開けて口をすぼめ、タコの顔まねをする体操

 介護予防を目的に、笑いの要素を取り入れた口の体操「山科わっはっは体操」を、京都市山科区役所と、「たっきゅうさん」の芸名で活動する京都大出身の大道芸人田久(たきゅう)朋寛さん(38)=左京区=が考案した。顔の表情や手の動きを連動させた5種類の体操で、誰でも楽しみながら取り組める内容になっている。

 食べ物をうまく飲み込めないと誤嚥(ごえん)性肺炎などを引き起こす恐れがある。これを防ぐため口腔(こうくう)ケアが注目される中、区役所健康長寿推進課が高齢者施設で積極的に活動する田久さんに体操の創作を依頼した。

 飲み込む力を鍛える訓練はすでにあるが、参加者が楽しみながら取り組めるようにとゲームの要素を取り入れた。表情筋を鍛える「パ」「タ」「カ」「ラ」の発声と同時に手や膝をたたいたり、三三七拍子のリズムに合わせて舌先を上下、左右に動かしたりする。

 大学で大道芸が地域住民の心理にもたらす変化を研究したという田久さん。「笑いは伝染する効果がある。趣味のサロンなどで皆で一緒に楽しみながら介護予防につなげてほしい」と話す。

 山科区役所が体操の一連の動作を紹介するリーフレット(A4)も作った。問い合わせは区役所健康長寿推進課075(592)3222。

【 2018年07月01日 11時42分 】

ニュース写真

  • 三三七拍子のリズムに合わせ舌先を上下左右に動かす体操を実演する田久さん=左=と、目を大きく開けて口をすぼめ、タコの顔まねをする体操
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ロ2―6楽(18日)
      松井が今季初勝利

      20180718000196

       楽天が今季2度目の同一カード3連戦3連勝を飾った。2―2の八回に藤田の押し出し四球、ペ..... [ 記事へ ]

      経済

      子牛の保育・育成拠点が完成 滋賀・近江牛生産拡大へ

      20180718000179

       近江牛の生産拡大に向け、子牛の保育・育成を行う拠点施設「キャトル・ステーション」が、滋..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      炎天下、鉾の骨組み壮麗 祇園祭・後祭山鉾建て

      20180718000170

       祇園祭の後祭(あとまつり)巡行(24日)に向けて、京都市中心部で18日、山鉾建てが始ま..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]

      国際

      インドでビル倒壊5人死亡
      ニューデリー近郊

      20180718000204

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリー近郊で17日夜、ビル2棟が倒壊し、救助当局..... [ 記事へ ]