出版案内
福祉事業団

残したい私の湖国を歌に 滋賀の男性2人が作詞・作曲

新たに完成した歌について話し合う南さん(左)と呉竹さん=近江八幡市浅小井町
新たに完成した歌について話し合う南さん(左)と呉竹さん=近江八幡市浅小井町

 歌謡曲や県内外の市町の歌、校歌など長年作詞を手掛けてきた滋賀県近江八幡市の男性が、湖国の風土を描いた詩をもとにした歌「ふるさとの四季」をこのほど完成させた。郷土の懐かしい暮らしや自然を七五調でつづっていて、男性は「子どもから高齢者まで広く歌われる歌になれば」と話している。

■四季、暮らし 情感豊か

 近江八幡市浅小井町の南英市さん(79)は、ラジオから流れる歌謡曲に魅せられ、65年ほど前から作詞を行ってきた。自営業の傍ら、レコード会社や市町の歌の公募に挑みながら腕を磨き、「佐賀国体の歌」(団伊玖磨作曲)や「びわこ音頭」(遠藤実作曲、村田英雄・小松みどり歌唱)など数多く採用されてきた。

 今回は、南さんが近年制作した四季折々の暮らしや自然を12カ月に分けてつづった詩「ふるさとの四季」をもとに、40年以上の親交がある音楽療法士の呉竹英一さん(75)=大津市国分2丁目=が作曲した。

 「私の原風景で、忘れられていく風景を歌詞に残したかった」と南さん。「南の国から飛んできて 軒にちょこんと巣をかけた つんつんつばくろ軒つばめ」などと情緒豊かな詩に、歌いやすい童謡調のメロディーが付けられた。

 呉竹さんは「ふるさとの四季」や、あわせて完成した南さん作詞の「夢幻安土城」「小谷の城あと」などの新曲を披露するコンサートを計画していて、歌を広めようと楽譜を配布する。コンサートの開催依頼や楽曲の問い合わせは呉竹さん携帯電話090(3941)8924。

【 2016年06月12日 17時40分 】

ニュース写真

  • 新たに完成した歌について話し合う南さん(左)と呉竹さん=近江八幡市浅小井町
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]