出版案内
福祉事業団

滋賀の「草津温泉」、91年の歴史に幕 群馬と同名、名物銭湯

創業から91年を経て、のれんを下ろす決断をした4代目の山本さん(草津市大路1丁目)
創業から91年を経て、のれんを下ろす決断をした4代目の山本さん(草津市大路1丁目)

 1925(大正14)年に開業した草津市の老舗銭湯「草津温泉」が29日に閉店する。JR草津駅近くにあり、地元住民に愛され、群馬県の草津温泉と同名でも知られた名物浴場だった。生活習慣の変化で経営が難しくなり、91年の歴史に幕を閉じる。経営者は「よくここまで続けてこられた。お客さんのおかげ」と感謝している。

 開業時は「草津温泉ホテル」。1階が浴場で2、3階が宿泊部屋だった。当時としては珍しい、3階建てのモダンな木造建物。4代目となる現経営者の山本房夫さん(51)は「伊勢参りの客などで繁盛したと聞いている」という。

 戦後から宿泊をやめて浴場だけの経営に。老朽化のため、70年代半ばにコンクリート建築に建て替えた。初代の建物は、市から「文化財として残してほしい」という要望もあったという。95年にも改築され、現在の施設となっている。

 山本さんが子どもの頃、「いつもにぎわって騒々しかったなあ。地域の人にとって銭湯は生活の一部だった」。やがて各世帯に風呂がある時代に。2003年に会社勤めをやめて家業を継いだ。客足は減ったが、4代続けて通う人もいる。木曜の定休日以外は営業を続けた。「親もそうだった。自分も修学旅行以外、旅行に行ったことがない。行きたいとも思わない」と笑う。

 天然の源泉でないが「草津温泉」という開業以来の屋号を掲げる。「滋賀県にある草津温泉」とインターネット上で話題になることもある。20年前から、入浴剤として群馬県・草津温泉の「湯の花」を取り寄せ、薬湯で使っている。

 山本さんは厳しい経営に「ここ数年、悩んできた」。取引先から、サービス付き高齢者向け住宅の経営を提案され、「別の形で社会貢献できるなら」と、閉店を決断した。

 秋ごろ建物を解体し、来年秋にも新施設が完成する予定。山本さんは「歴史のある浴場として、安心感を感じてもらっていたならうれしいです。最後はひっそりと終わりたい」と語った。

【 2016年06月25日 10時56分 】

ニュース写真

  • 創業から91年を経て、のれんを下ろす決断をした4代目の山本さん(草津市大路1丁目)
  • 大正14年に開業した当初の草津温泉。草津市史にも写真が掲載され、「3階建の西洋建築の外観によって大路井地区の新しい発展を人々に印象づけた」という=草津市立草津宿街道交流館提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]