出版案内
福祉事業団

滋賀県警、盗撮規制強化へ 年内の条例改正めざす

滋賀県迷惑行為防止条例の主な改正ポイント
滋賀県迷惑行為防止条例の主な改正ポイント

 滋賀県警が、盗撮やつきまとい行為の取り締まりを強化する県迷惑行為等防止条例の今年中の改正を目指している。盗撮禁止場所の拡大や隠しカメラを設置しただけでも取り締まりの対象になる。一方、盗撮目的とはいえカメラを「人に向ける行為」を規制対象にすることから、取り締まりの乱用を危ぶむ声もあがる。

 現在の条例は、盗撮禁止場所は「公共の場所」などと限定しており、会社や学校といった特定多数の人が出入りする場所での盗撮は取り締まれない。トイレなどに隠しカメラを仕掛けても、映像が撮影されていない限り、条例違反として摘発することができない。

■禁止の場所拡大、カメラ設置で摘発

 改正案は、盗撮の規制場所を、学校や会社、スポーツクラブなどの会員制施設まで広げる。隠しカメラを設置しただけで取り締まれるようにする。画像や映像を記録した場合は、罰則を1年以下の懲役または100万円以下の罰金と、従来の倍にする。

 また「つきまとい行為等の禁止」を新たに設ける。ストーカー規制法は恋愛感情に基づく行為しか規制できないが、条例でねたみや恨みによるつきまといを取り締まれるようにする。SNSやメールによるつきまといも規制できるようにする。

 滋賀県警の盗撮の摘発数は2014年が29件、15年が20件。県警は「小型カメラなど手口が巧妙化しており、被害者が気がついていない、把握できていない盗撮も多い」とし、悪質な行為は年々増加しているとみている。

 県と県警は20日まで、改正案をホームページに公開し、県民の意見を募集している。郵送、ファクス、電子メールで受け付ける。問い合わせは県警生活安全企画課TEL077(522)1231。

【 2016年07月14日 17時00分 】

ニュース写真

  • 滋賀県迷惑行為防止条例の主な改正ポイント
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      放火容疑の男は消防分団長 京都・福知山

      20170629000170

       京都府の福知山市消防団は29日、非現住建造物等放火容疑で京都府警に逮捕された同市前田、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      錦織圭、本番コートで初練習
      ウィンブルドン選手権

      20170629000159

       【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルスに第..... [ 記事へ ]

      経済

      モバイル機器部品増産へ生産棟 村田製が富山に新設

      20170629000180

       村田製作所は29日、モバイル機器向けの電子部品を増産するため、子会社の富山村田製作所(..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「技を極める」展、入場5万人 京都国立近美

      20170629000137

       京都国立近代美術館(京都市左京区)で開催中の「技を極める ヴァン クリーフ&アーペル ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄で「新種」植物確認
      100年前の記録不正確

      20170630000002

       台湾で1917年に発見されたものの記録が不正確で、「サネカズラ」と同種と考えられていた..... [ 記事へ ]