出版案内
福祉事業団

滋賀県警、盗撮規制強化へ 年内の条例改正めざす

滋賀県迷惑行為防止条例の主な改正ポイント
滋賀県迷惑行為防止条例の主な改正ポイント

 滋賀県警が、盗撮やつきまとい行為の取り締まりを強化する県迷惑行為等防止条例の今年中の改正を目指している。盗撮禁止場所の拡大や隠しカメラを設置しただけでも取り締まりの対象になる。一方、盗撮目的とはいえカメラを「人に向ける行為」を規制対象にすることから、取り締まりの乱用を危ぶむ声もあがる。

 現在の条例は、盗撮禁止場所は「公共の場所」などと限定しており、会社や学校といった特定多数の人が出入りする場所での盗撮は取り締まれない。トイレなどに隠しカメラを仕掛けても、映像が撮影されていない限り、条例違反として摘発することができない。

■禁止の場所拡大、カメラ設置で摘発

 改正案は、盗撮の規制場所を、学校や会社、スポーツクラブなどの会員制施設まで広げる。隠しカメラを設置しただけで取り締まれるようにする。画像や映像を記録した場合は、罰則を1年以下の懲役または100万円以下の罰金と、従来の倍にする。

 また「つきまとい行為等の禁止」を新たに設ける。ストーカー規制法は恋愛感情に基づく行為しか規制できないが、条例でねたみや恨みによるつきまといを取り締まれるようにする。SNSやメールによるつきまといも規制できるようにする。

 滋賀県警の盗撮の摘発数は2014年が29件、15年が20件。県警は「小型カメラなど手口が巧妙化しており、被害者が気がついていない、把握できていない盗撮も多い」とし、悪質な行為は年々増加しているとみている。

 県と県警は20日まで、改正案をホームページに公開し、県民の意見を募集している。郵送、ファクス、電子メールで受け付ける。問い合わせは県警生活安全企画課TEL077(522)1231。

【 2016年07月14日 17時00分 】

ニュース写真

  • 滋賀県迷惑行為防止条例の主な改正ポイント
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「共謀罪」法案に賛否
      衆院法務委で参考人質疑

      20170425000043

       「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を審議する衆..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリング、日本圧勝で2勝目
      混合ダブルス世界選手権

      20170425000054

       【レスブリッジ(カナダ)共同】平昌冬季五輪の出場枠を懸けたカーリング混合ダブルスの世界..... [ 記事へ ]

      経済

      TPP首席交渉官に片上氏
      外務審議官と兼務

      20170425000029

       政府は25日、米国が離脱した後の11カ国での環太平洋連携協定(TPP)交渉で事務方トッ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      住職の常駐なし1万3千カ寺 全国調査、過疎など影響

      20170425000024

       全国に7万5千以上ある寺院のうち、少なくとも約1万3千カ寺が、常駐する住職がいなかった..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      探査機、土星衛星に最後の接近
      カッシーニ13年の活動に幕

      20170425000022

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は24日、無人探査機カッシーニが土星最大の衛..... [ 記事へ ]