出版案内
福祉事業団

「みずの森」20周年、観光名所に定着 滋賀・草津

みずの森の開館20周年を記念した歴史写真展(草津市下物町・水生植物公園みずの森)
みずの森の開館20周年を記念した歴史写真展(草津市下物町・水生植物公園みずの森)

 滋賀県草津市下物町の市立水生植物公園みずの森が、開館20周年を迎えた。ハスなどの水生植物をテーマにした施設は当時珍しく、市の観光名所として定着した。歴史写真展を開催中で、7月末に記念のシンポジウムを開く。

 みずの森は1996年7月13日、琵琶湖に面する烏丸半島で開館した。総事業費は約50億円。周辺がハスの群生地として知られることから、水生植物を中心に展示している。当初は市が直営し、2013年度から近江鉄道ゆうグループが指定管理者となった。

 敷地面積は約3・7ヘクタール。温室やレストランが入ったロータス館、庭園、芝生広場などがある。園内の植物は約1500種で、特にスイレンが約140種、ハスが約60種と充実。世界最大のスイレン「ギガンテア」など、国内で初めて開花に成功させた植物もある。

 昨年度の来園者は約11万人。特にスイレンなどが見ごろを迎える夏は大勢の来客でにぎわう。開館から関わってきた市公園緑地課の上田雅也副参事(44)は「来園者のニーズに応えながら、潤いを与える公園であり続けたい」と力を込める。今年は烏丸半島のハスが成長しておらず、「公園内の植物を楽しんでほしい」と呼びかけている。

 20周年に合わせて、ロータス館では歴史写真展を22日まで開き、建設時の様子や園内の花々を撮影した26枚を展示している。31日には、はす祭りの一環で記念講演とシンポジウムが開かれる(参加受け付け終了)。みずの森TEL077(568)2332。

【 2016年07月17日 21時00分 】

ニュース写真

  • みずの森の開館20周年を記念した歴史写真展(草津市下物町・水生植物公園みずの森)
  • ハスやスイレンなどの花々が咲く庭園(草津市下物町・水生植物公園みずの森)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京都市営地下鉄、乗客目標を達成 計画より2年早く

      20170526000216

       京都市営地下鉄の2016年度の1日当たり乗客数(速報値)は37万9千人で、経営健全化計..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      錦織、準決勝で敗れる
      ジュネーブOPテニス

      20170526000190

       【ジュネーブ共同】男子テニスのジュネーブ・オープンは26日、ジュネーブで行われ、シング..... [ 記事へ ]

      経済

      京都南部に広域物流拠点 プロロジスが起工式

      20170526000189

       物流不動産大手のプロロジス(日本本社・東京都)の拠点施設「プロロジスパーク京田辺」の起..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      書の美、源流から現代へ 京都書作家協会50年祝う

      20170526000194

       50周年記念京都書作家協会特別展(同協会主催)が、京都市中京区の京都文化博物館で開かれ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      養殖サケ、赤潮から救え
      京大などチリで調査開始

      20170526000182

       日本のスーパーで売られているチリ産サーモンの養殖業が、現地で深刻な赤潮被害を受けている..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      プールにサンショウウオ100匹
      絶滅危惧種、佐賀県の小学校

      20170526000119

       佐賀県唐津市の市立名護屋小のプールで、絶滅危惧種の両生類カスミサンショウウオ約100匹..... [ 記事へ ]