出版案内
福祉事業団

滋賀・大戸川ダム継続、3府県が了承 早期着工は求めず

 本体工事が凍結されている大戸川ダム(大津市)について、検証の結果、事業を継続するとした近畿地方整備局の対応方針の原案に対して、滋賀、京都、大阪の3府県は19日、それぞれ了承する回答を出した。だが、3府県とも同ダムの早期着工までは求めておらず、同整備局も凍結方針は当面維持する見通しだ。

 ダム検証は旧民主党政権が2009年に全国83事業を対象に始めた。回答で滋賀県は「予断なく検証された結果」、京都府も「異論はない」、大阪府は「国の検討結果を尊重する」として了承した。滋賀県は5項目の要望書も出し、ダム予定地で進む県道付け替え工事の早期完成などを求めた。今後、国土交通省が継続を正式決定する。

 本体工事を凍結としている同整備局だが、治水上、いずれダムは必要になるとの姿勢だ。京都府内の桂川と宇治川の河川改修などが進めば淀川の流量が増えることから、水位を下げるために上流の大戸川ダムが必要になるとする。だが同整備局は、本体着工に必要な淀川水系河川整備計画の変更時期について「白紙。各事業の進ちょくをみて判断する」と述べるにとどめている。

 このため、府県側は検証結果としての継続方針と、着工判断は別と受け止める。三日月大造滋賀県知事は19日の会見で「今の段階で計画を変更する状況にない」と述べる。山田啓二京都府知事も14日の会見で、同ダムの優先順位は高くないとした08年の4府県知事意見に触れ、「全く考えは変わっていない」と強調した。

 着工が必要となったとしても費用負担の議論が避けて通れない。同ダムの事業費は県道付け替えを含めて1162億円で、施工済み分を除くと残りは478億円。法定割合から推計すると大阪府約80億円、京都府約60億円、滋賀県約4億円の負担とみられる。

 大阪府河川室の担当者は「計画変更の場合には費用負担の在り方など具体の意見を述べる」と指摘する。山田知事は県道工事の負担を「地元への約束」として認める一方、ダム本体は「緊急性のない工事に負担はしない」と明言しており、本体着工へのハードルは高い。

【 2016年07月19日 22時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]