出版案内
福祉事業団

山岳コース「観光に可能性」 滋賀知事体験、高島に一時居住

滋賀・福井県境沿いの「高島トレイル」と鯖街道の合流点でNPO法人「高島トレイルクラブ」のメンバーらから説明を聞く三日月知事(左から2人目)=高島市朽木
滋賀・福井県境沿いの「高島トレイル」と鯖街道の合流点でNPO法人「高島トレイルクラブ」のメンバーらから説明を聞く三日月知事(左から2人目)=高島市朽木

 人口減少が進む山間地の課題と魅力を体感するため、滋賀県の三日月大造知事が18日から6日間、高島市朽木の民家に一時居住した。23日に全日程を終えた三日月知事は「水源地を守る大切さと難しさをあらためて実感した。観光振興では隣接する福井県との連携も深めたい」と述べた。

 18日には、中止になった県営北川ダムの2地区住民と対話した。麻生区では三日月知事が「事業に翻弄(ほんろう)させてしまい、心労をかけたことを深くおわびする」と述べ、同区ダム対策会委員長の安福長勲さん(78)は「予測できない水害が起こるかもしれない。ダム事業再開も一考を」と求めた。22日には針畑川中流沿いで間伐を体験し、林業関係者と意見交換。代々、林業を営む栗本慶一さん(67)らが後を絶たない獣害への対策を要望し、過疎化で林地の境界画定が遅れている現状を訴えた。

 最終日の23日は、高島市マキノ町の愛発越(あちらごえ)から同市朽木桑原の三国岳まで滋賀・福井県境沿いに設定されている山岳コース「高島トレイル」約80キロのうち、朽木エリアの一部約3キロを歩いた。若狭湾が見通せたり、途中で鯖街道と交差したりと、変化に富んだコースに三日月知事は「観光活性化に可能性を秘めたコース。福井県とともに鯖街道の活性化に取り組みたい」と話していた。

【 2016年07月23日 22時44分 】

ニュース写真

  • 滋賀・福井県境沿いの「高島トレイル」と鯖街道の合流点でNPO法人「高島トレイルクラブ」のメンバーらから説明を聞く三日月知事(左から2人目)=高島市朽木
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]