出版案内
福祉事業団

山岳コース「観光に可能性」 滋賀知事体験、高島に一時居住

滋賀・福井県境沿いの「高島トレイル」と鯖街道の合流点でNPO法人「高島トレイルクラブ」のメンバーらから説明を聞く三日月知事(左から2人目)=高島市朽木
滋賀・福井県境沿いの「高島トレイル」と鯖街道の合流点でNPO法人「高島トレイルクラブ」のメンバーらから説明を聞く三日月知事(左から2人目)=高島市朽木

 人口減少が進む山間地の課題と魅力を体感するため、滋賀県の三日月大造知事が18日から6日間、高島市朽木の民家に一時居住した。23日に全日程を終えた三日月知事は「水源地を守る大切さと難しさをあらためて実感した。観光振興では隣接する福井県との連携も深めたい」と述べた。

 18日には、中止になった県営北川ダムの2地区住民と対話した。麻生区では三日月知事が「事業に翻弄(ほんろう)させてしまい、心労をかけたことを深くおわびする」と述べ、同区ダム対策会委員長の安福長勲さん(78)は「予測できない水害が起こるかもしれない。ダム事業再開も一考を」と求めた。22日には針畑川中流沿いで間伐を体験し、林業関係者と意見交換。代々、林業を営む栗本慶一さん(67)らが後を絶たない獣害への対策を要望し、過疎化で林地の境界画定が遅れている現状を訴えた。

 最終日の23日は、高島市マキノ町の愛発越(あちらごえ)から同市朽木桑原の三国岳まで滋賀・福井県境沿いに設定されている山岳コース「高島トレイル」約80キロのうち、朽木エリアの一部約3キロを歩いた。若狭湾が見通せたり、途中で鯖街道と交差したりと、変化に富んだコースに三日月知事は「観光活性化に可能性を秘めたコース。福井県とともに鯖街道の活性化に取り組みたい」と話していた。

【 2016年07月23日 22時44分 】

ニュース写真

  • 滋賀・福井県境沿いの「高島トレイル」と鯖街道の合流点でNPO法人「高島トレイルクラブ」のメンバーらから説明を聞く三日月知事(左から2人目)=高島市朽木
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      ナヤマズンが異議あり 滋賀弁護士会LINEスタンプ

      20170325000146

       滋賀県の弁護士らが、滋賀弁護士会マスコットキャラクター「ナヤマズン」を使った無料通信ア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都フローラ開幕戦、埼玉に黒星 女子プロ野球

      20170325000157

       女子プロ野球8年目のリーグが25日、わかさスタジアム京都で開幕し、京都フローラは延長八..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜空の並木、水面に映え 「岡崎桜回廊十石舟」始まる 

      20170325000162

       夜桜を舟の上からめでる「岡崎桜回廊ライトアップ&十石舟めぐり」が25日、京都市左京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都府立医大、学外から学長 組長収監問題

      20170325000158

       京都府立医科大は25日、新学長に竹中洋・前大阪医科大学長(68)を内定した。大学による..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]