出版案内
福祉事業団

原発災害時、屋内退避の課題を検討 滋賀県の専門会議

屋内退避の在り方について議論が始まった滋賀県原子力防災専門会議(大津市・県危機管理センター)
屋内退避の在り方について議論が始まった滋賀県原子力防災専門会議(大津市・県危機管理センター)

 滋賀県は2日、県原子力防災専門会議(座長・牧紀男京都大防災研究所教授)を開き、国の原子力災害対策指針にある「原子力災害時の屋内退避」の課題について検討を始めた。熊本地震を踏まえ、県は、地震による家屋倒壊の恐れがある場合の対応や、妊婦や乳幼児などを先行的に避難させる必要性などの課題を委員に示した。10月ごろをめどに議論をまとめ、国へ要望していく予定。

 原子力災害対策指針では、原子力災害時、原発からおおむね半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の住民に対し、必要に応じて屋内退避を求めることとなっている。しかし、4月の熊本地震で建物倒壊が相次いだことを受け、県は「地震との複合災害では、屋内退避は現実的とは言えないのでは」と指摘。「UPZ圏内でも、家屋被害が大きい地域はUPZ圏外への避難の検討が必要」とした。

 また、「外出できない状態での長期間の屋内退避は困難」として、妊婦や乳幼児、要支援者などの先行的な避難の検討や、屋内退避中の住民が食料などを確保するため、風下とならない時間帯などで限定的に県が屋内退避を解除する仕組みも必要とした。

 委員からは「国への要望だけでなく、県として次善の策を練ることも必要」などの意見や、「日ごろから屋内退避の効果を知ってもらう必要がある」などの意見がでた。

【 2016年08月02日 14時00分 】

ニュース写真

  • 屋内退避の在り方について議論が始まった滋賀県原子力防災専門会議(大津市・県危機管理センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「沖縄に基地要らぬ」 Xバンドにも異議、京都で反対集会

      20170624000123

       沖縄県や京丹後市の米軍基地に反対する集会が24日、京都市東山区の円山公園音楽堂で開かれ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      巨2―8中(24日)
      中日、17安打の猛攻

      20170624000108

       中日が17安打の猛攻で4連勝とした。三回に京田の三塁打で先制。2―0の七回は2死から5..... [ 記事へ ]

      経済

      ロッテ創業者が取締役退任
      内紛で約70年の在任に幕

      20170624000024

       創業一族間で経営権を巡る内紛が続くロッテホールディングス(HD、東京)は24日、東京都..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「都市連携、魅力発信を」 北陸新幹線、京都でセミナー

      20170624000121

       北陸新幹線の京都-新大阪間が京田辺市を経由する「南回り」ルートに決定したことを受け、京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      商店街にまちかどキャンパス 福知山公立大、空き店舗活用

      20170623000069

       京都府福知山市はこのほど、福知山公立大の講義や市民講座を行う「まちかどキャンパス」を、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      民間開発衛星を初めて打ち上げ
      キヤノン電子、インドで

      20170623000143

       電気機械器具メーカーのキヤノン電子(埼玉県秩父市)は23日、地上にある1メートルの大き..... [ 記事へ ]