出版案内
福祉事業団

原発安全対策、76%が「不十分」 滋賀県民世論調査

 滋賀県民を対象にした県の世論調査で、原子力発電所の安全対策について聞いたところ、不十分と考える人が8割近くを占めた。事故の影響の大きさや事業者の対策への不安を理由に挙げる人が多かった。一方、原発に依存しないための政策をまとめた県の計画は認知度が低かった。

■エネルギービジョンは7割近くが知らず

 県は毎年、県政の課題をテーマに世論調査を行っている。今回は6月に実施し、20歳以上の男女1557人から郵送とインターネットで回答があった。

 原発の安全対策や防災対策が十分と思うかについては、思わない(46・8%)、あまり思わない(29・4)の順となり、合わせて76・2%を占めた。どちらかといえば思う(9・8%)、思う(2・1%)は少数だった。不十分と思う理由を選んでもらうと、「自然災害などにより何が起こるか分からない」が71・8%、「事故の影響が長期におよぶ」が65・8%、「事業者の対策に不安」が60・9%に上った。

 一方、県が再生可能エネルギーの普及などを進めるため今年3月に策定した「しがエネルギービジョン」について、「聞いたことがない」が67・7%だった。「内容を知っている」は4・8%だった。

 記者会見で発表した三日月大造知事は「これから詳しく分析し、ビジョンを作って終わりではなく、(再生可能エネルギー普及などに)取り組んでもらうための施策を進めたい」と述べた。

【 2016年08月04日 23時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      おむつなし育児知って 成長と膀胱発達探る

      20170624000111

       おむつに頼りすぎない赤ちゃんの暮らしを提唱する「おむつなし育児研究所京都サロン」(京都..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      巨2―8中(24日)
      中日、17安打の猛攻

      20170624000108

       中日が17安打の猛攻で4連勝とした。三回に京田の三塁打で先制。2―0の七回は2死から5..... [ 記事へ ]

      経済

      ロッテ創業者が取締役退任
      内紛で約70年の在任に幕

      20170624000024

       創業一族間で経営権を巡る内紛が続くロッテホールディングス(HD、東京)は24日、東京都..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      干しなまこ、海自カレー… 「食」でファンつかめ

      20170624000114

       京都府舞鶴市では、舞鶴かにや育成岩がきに続く「干しなまこ」のブランド化、食べ物で観光客..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      商店街にまちかどキャンパス 福知山公立大、空き店舗活用

      20170623000069

       京都府福知山市はこのほど、福知山公立大の講義や市民講座を行う「まちかどキャンパス」を、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      民間開発衛星を初めて打ち上げ
      キヤノン電子、インドで

      20170623000143

       電気機械器具メーカーのキヤノン電子(埼玉県秩父市)は23日、地上にある1メートルの大き..... [ 記事へ ]