出版案内
福祉事業団

原発安全対策、76%が「不十分」 滋賀県民世論調査

 滋賀県民を対象にした県の世論調査で、原子力発電所の安全対策について聞いたところ、不十分と考える人が8割近くを占めた。事故の影響の大きさや事業者の対策への不安を理由に挙げる人が多かった。一方、原発に依存しないための政策をまとめた県の計画は認知度が低かった。

■エネルギービジョンは7割近くが知らず

 県は毎年、県政の課題をテーマに世論調査を行っている。今回は6月に実施し、20歳以上の男女1557人から郵送とインターネットで回答があった。

 原発の安全対策や防災対策が十分と思うかについては、思わない(46・8%)、あまり思わない(29・4)の順となり、合わせて76・2%を占めた。どちらかといえば思う(9・8%)、思う(2・1%)は少数だった。不十分と思う理由を選んでもらうと、「自然災害などにより何が起こるか分からない」が71・8%、「事故の影響が長期におよぶ」が65・8%、「事業者の対策に不安」が60・9%に上った。

 一方、県が再生可能エネルギーの普及などを進めるため今年3月に策定した「しがエネルギービジョン」について、「聞いたことがない」が67・7%だった。「内容を知っている」は4・8%だった。

 記者会見で発表した三日月大造知事は「これから詳しく分析し、ビジョンを作って終わりではなく、(再生可能エネルギー普及などに)取り組んでもらうための施策を進めたい」と述べた。

【 2016年08月04日 23時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      占いとは? 京都・八坂と三条、2人の“母”に聞く

      20170326000080

       「あなたの運勢鑑定します」「恋愛、仕事、あなたの悩みを正しい方向に導きます」。一時期ほ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      IH女子、道路建設が18度目V
      全日本選手権最終日

      20170326000109

       アイスホッケーの全日本女子選手権最終日は26日、札幌市月寒体育館で行われ、道路建設ペリ..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      やはり千年の都、「まじない」京都に息づく 幸せに暮らす知恵

      20170326000077

       京都市中心部を歩くと、民家やビルの敷地の隅に見られる「鬼門よけ」。東北を鬼門、西南を裏..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      懐かしの給食食器買えます 京都市学校歴史博

      20170326000072

       京都市学校歴史博物館(下京区)はこのほど、番組小の地図が描かれたエコバッグや学校給食で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「乳がん検診受けて」
      2千人歩き、啓発呼び掛け

      20170326000068

       乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける「ピンクリボンウオーク2017」が26日、東京都内で..... [ 記事へ ]