出版案内
福祉事業団

滋賀産材拡大へCLT普及を 森林資源活用、県が取り組み

直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる
直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる

 滋賀県は県産材の利用拡大のため、新たな建材として広がりつつある「直交集成板(CLT)」の普及に取り組む。今月に入り、県内の市町や林業、建築関係の団体と普及促進会議を設けたほか、知事が全国の首長連合に参加した。戦後に植えられた人工林が伐採時期に入っており、森林資源の有効活用を図る。

 CLTは1990年代にオーストリアで開発された。板の繊維方向が直角に交差するように貼り合わせたパネルで、床や壁などに使う。海外では中高層建築にも使われている。国内では強度や耐火の問題で個別の大臣認定が必要だったが、基準の見直しで今年4月以降は不要になった。

 県は制度面で普及の環境が整ったとして、普及促進会議で情報共有や普及策の検討を始めることにした。県内では、林野庁の実証事業で建設会社の三東工業社が甲賀市内の社屋建て替えにCLTを活用する計画が進んでおり、同会議は視察を予定している。

 昨年発足した首長連合は先進地の高知県と岡山県真庭市が共同代表を務め、京都府など計44自治体が参加している。国の地方創生に合わせた政策や東京五輪での施設整備への活用を提言しており、滋賀県も加わって自治体間の連携を図る。

 県産材の生産量は近年、スギやヒノキを中心に約6万立方メートルで推移している。今後は伐採時期に入る木が増える一方、販売先の確保が課題で、県森林政策課は「CLTが普及すれば活用の幅が広がる。林業や建設業の振興につなげたい」としている。

【 2016年08月19日 13時50分 】

ニュース写真

  • 直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]