出版案内
福祉事業団

滋賀産材拡大へCLT普及を 森林資源活用、県が取り組み

直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる
直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる

 滋賀県は県産材の利用拡大のため、新たな建材として広がりつつある「直交集成板(CLT)」の普及に取り組む。今月に入り、県内の市町や林業、建築関係の団体と普及促進会議を設けたほか、知事が全国の首長連合に参加した。戦後に植えられた人工林が伐採時期に入っており、森林資源の有効活用を図る。

 CLTは1990年代にオーストリアで開発された。板の繊維方向が直角に交差するように貼り合わせたパネルで、床や壁などに使う。海外では中高層建築にも使われている。国内では強度や耐火の問題で個別の大臣認定が必要だったが、基準の見直しで今年4月以降は不要になった。

 県は制度面で普及の環境が整ったとして、普及促進会議で情報共有や普及策の検討を始めることにした。県内では、林野庁の実証事業で建設会社の三東工業社が甲賀市内の社屋建て替えにCLTを活用する計画が進んでおり、同会議は視察を予定している。

 昨年発足した首長連合は先進地の高知県と岡山県真庭市が共同代表を務め、京都府など計44自治体が参加している。国の地方創生に合わせた政策や東京五輪での施設整備への活用を提言しており、滋賀県も加わって自治体間の連携を図る。

 県産材の生産量は近年、スギやヒノキを中心に約6万立方メートルで推移している。今後は伐採時期に入る木が増える一方、販売先の確保が課題で、県森林政策課は「CLTが普及すれば活用の幅が広がる。林業や建設業の振興につなげたい」としている。

【 2016年08月19日 13時50分 】

ニュース写真

  • 直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]