出版案内
福祉事業団

滋賀産材拡大へCLT普及を 森林資源活用、県が取り組み

直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる
直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる

 滋賀県は県産材の利用拡大のため、新たな建材として広がりつつある「直交集成板(CLT)」の普及に取り組む。今月に入り、県内の市町や林業、建築関係の団体と普及促進会議を設けたほか、知事が全国の首長連合に参加した。戦後に植えられた人工林が伐採時期に入っており、森林資源の有効活用を図る。

 CLTは1990年代にオーストリアで開発された。板の繊維方向が直角に交差するように貼り合わせたパネルで、床や壁などに使う。海外では中高層建築にも使われている。国内では強度や耐火の問題で個別の大臣認定が必要だったが、基準の見直しで今年4月以降は不要になった。

 県は制度面で普及の環境が整ったとして、普及促進会議で情報共有や普及策の検討を始めることにした。県内では、林野庁の実証事業で建設会社の三東工業社が甲賀市内の社屋建て替えにCLTを活用する計画が進んでおり、同会議は視察を予定している。

 昨年発足した首長連合は先進地の高知県と岡山県真庭市が共同代表を務め、京都府など計44自治体が参加している。国の地方創生に合わせた政策や東京五輪での施設整備への活用を提言しており、滋賀県も加わって自治体間の連携を図る。

 県産材の生産量は近年、スギやヒノキを中心に約6万立方メートルで推移している。今後は伐採時期に入る木が増える一方、販売先の確保が課題で、県森林政策課は「CLTが普及すれば活用の幅が広がる。林業や建設業の振興につなげたい」としている。

【 2016年08月19日 13時50分 】

ニュース写真

  • 直交集成板(CLT)のサンプル。複数の板を直角に交差させて貼り合わせる
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      ナヤマズンが異議あり 滋賀弁護士会LINEスタンプ

      20170325000146

       滋賀県の弁護士らが、滋賀弁護士会マスコットキャラクター「ナヤマズン」を使った無料通信ア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都フローラ開幕戦、埼玉に黒星 女子プロ野球

      20170325000157

       女子プロ野球8年目のリーグが25日、わかさスタジアム京都で開幕し、京都フローラは延長八..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜空の並木、水面に映え 「岡崎桜回廊十石舟」始まる 

      20170325000162

       夜桜を舟の上からめでる「岡崎桜回廊ライトアップ&十石舟めぐり」が25日、京都市左京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都府立医大、学外から学長 組長収監問題

      20170325000158

       京都府立医科大は25日、新学長に竹中洋・前大阪医科大学長(68)を内定した。大学による..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]