出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来魚、一転増加 予算不足や水草繁茂で捕獲減少

琵琶湖と周辺の内湖で進められている外来魚の駆除作業(2015年5月、近江八幡市・西の湖)
琵琶湖と周辺の内湖で進められている外来魚の駆除作業(2015年5月、近江八幡市・西の湖)

 ブルーギルやブラックバスなど琵琶湖の外来魚が2014年以降、増加していることが14日、滋賀県の推計で分かった。県は、13年の台風18号による漁具の被害や近年の水草の異常繁茂などで捕獲量が減っていることが要因とみている。

 県は県漁業協同組合連合会の捕獲事業に補助金を出したり、産卵期の親魚に電気ショックを与えて捕まえる船を出したりして駆除を進めている。毎年の捕獲数から外来魚の年齢構成などを割り出し、過去にさかのぼって琵琶湖全域の生息量を推計した。

 07年には1871トンの外来魚が生息していたが、以降は年々減少し、13年には990トンにまで減った。しかし、翌14年には1092トン、15年は1240トンと増加。11年の水準(1171トン)に戻っていた。

 県によると、13年と14年は梅雨時期の雨が少なく、定置網にかかる外来魚が少なかったほか、13年には台風18号で網が破れる被害も出た。14年と15年は水草の異常繁茂で捕獲作業が鈍った。さらに15年は直近2年の捕獲実績が落ちたため、国の補助金が減額されたという。

 県は20年度に外来魚の生息量を600トンに抑える目標を掲げている。本年度は245トンの捕獲を目指すが、予算不足で7月10日~8月21日は捕獲を中断せざるを得なかったという。県水産課は「目標値は高いハードルだが、禁漁期間や冬にも捕獲を行うなど手法を工夫して駆除に取り組みたい」としている。

【 2016年09月14日 23時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖と周辺の内湖で進められている外来魚の駆除作業(2015年5月、近江八幡市・西の湖)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      学校史の集合写真切り取り、岐阜
      県図書館120ページ被害

      20170501000087

       岐阜県は1日、県図書館(岐阜市)で所蔵している県内の小学校や中学校の学校史や記念誌など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中村氏が野球部指導に意気込み
      浜松開誠館高コーチ就任

      20170501000082

       プロ野球の近鉄、中日などで活躍し、米大リーグでもプレーした中村紀洋氏(43)が4月から..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万9274円
      企業業績への期待で反発

      20170501000066

       週明け1日午前の東京株式市場は、堅調な企業業績に対する期待や、円安ドル高の進行が好感さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝、間近にずらり 京都・神護寺で虫払い始まる

      20170501000079

       京都市右京区高雄の神護寺で1日、宝物の虫払いが始まった。鎌倉時代の似絵の傑作「伝源頼朝..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高浜4号機、燃料装填完了
      今月中旬の再稼働目指す

      20170501000064

       関西電力は1日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉への核燃料装填が同日午前に完了し..... [ 記事へ ]