出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来魚、一転増加 予算不足や水草繁茂で捕獲減少

琵琶湖と周辺の内湖で進められている外来魚の駆除作業(2015年5月、近江八幡市・西の湖)
琵琶湖と周辺の内湖で進められている外来魚の駆除作業(2015年5月、近江八幡市・西の湖)

 ブルーギルやブラックバスなど琵琶湖の外来魚が2014年以降、増加していることが14日、滋賀県の推計で分かった。県は、13年の台風18号による漁具の被害や近年の水草の異常繁茂などで捕獲量が減っていることが要因とみている。

 県は県漁業協同組合連合会の捕獲事業に補助金を出したり、産卵期の親魚に電気ショックを与えて捕まえる船を出したりして駆除を進めている。毎年の捕獲数から外来魚の年齢構成などを割り出し、過去にさかのぼって琵琶湖全域の生息量を推計した。

 07年には1871トンの外来魚が生息していたが、以降は年々減少し、13年には990トンにまで減った。しかし、翌14年には1092トン、15年は1240トンと増加。11年の水準(1171トン)に戻っていた。

 県によると、13年と14年は梅雨時期の雨が少なく、定置網にかかる外来魚が少なかったほか、13年には台風18号で網が破れる被害も出た。14年と15年は水草の異常繁茂で捕獲作業が鈍った。さらに15年は直近2年の捕獲実績が落ちたため、国の補助金が減額されたという。

 県は20年度に外来魚の生息量を600トンに抑える目標を掲げている。本年度は245トンの捕獲を目指すが、予算不足で7月10日~8月21日は捕獲を中断せざるを得なかったという。県水産課は「目標値は高いハードルだが、禁漁期間や冬にも捕獲を行うなど手法を工夫して駆除に取り組みたい」としている。

【 2016年09月14日 23時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖と周辺の内湖で進められている外来魚の駆除作業(2015年5月、近江八幡市・西の湖)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      自衛隊が豪雨被災地を撤収
      福岡・朝倉、生活支援終え

      20170820000040

       九州北部の豪雨災害で自衛隊は20日、生活支援の必要性が解消されたとの福岡県の意向を受け..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都外大西・又木が2位 高校総体、競泳女子200背

      20170820000052

       全国高校総体第23日は19日、宮城県利府町のセントラルスポーツ宮城G21プールなどで水..... [ 記事へ ]

      経済

      京阪電鉄、初の座席指定特急
      プレミアムカーの運行開始

      20170820000036

       京阪電気鉄道が初めて導入した座席指定の特急車両「プレミアムカー」が20日、運行を始めた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鬼テーマにロボや芸舞妓コラボ 京都「東京キャラバン」公開稽古

      20170820000048

       京都市中京区の二条城で9月2、3日に催されるパフォーマンス「東京キャラバン」の公開稽古..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      山城の魅力、同女大生が動画発信 京都、12市町で撮影

      20170820000043

       同志社女子大(京都府京田辺市興戸)の学生たちが山城地域の魅力を伝える動画の制作を進めて..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]