出版案内
福祉事業団

じゅんこ地蔵、縁結んで 滋賀・栗東 作業所利用者が建立

永田さんの望みをかなえるため、丸太をくりぬいたほこらに安置された「じゅんこ地蔵」と、作者の五十嵐さん(栗東市小野・第二栗東なかよし作業所)=左=と「飛び出し坊や」のポーズをする生前の永田さん(能美舎提供、(C)関健作)
永田さんの望みをかなえるため、丸太をくりぬいたほこらに安置された「じゅんこ地蔵」と、作者の五十嵐さん(栗東市小野・第二栗東なかよし作業所)=左=と「飛び出し坊や」のポーズをする生前の永田さん(能美舎提供、(C)関健作)

 末期がんを患いながらも、交通安全看板「飛び出し坊や」と世界中を旅行し、今年3月に47歳で亡くなった永田純子さん=滋賀県栗東市=と親交のあった地元の障害者施設の利用者が「じゅんこ地蔵」を作り、敷地内に建立した。「死んだらお地蔵さんになりたい」と言っていた永田さんの望みをかなえるためで、関係者は「永田さんを通じていろいろな人とつながりができた」と感謝している。

 同市小野の障害者就労支援作業所「第二栗東なかよし作業所」。大阪府豊中市出身の永田さんは1998年ごろに栗東市に移り、韓国語の講師をしていた。6年前、作業所の陶芸工房(同市観音寺)へ園児や児童たちの陶芸体験のために訪れて交流が始まった。

 窯の横から望む棚田の景色や、制作に励む利用者の姿を気に入って通うようになり、ホームステイをしていた韓国人や、知り合いの母親グループなど50人以上が工房を訪れた。利用者に陶芸を教えている池谷正晴さん(83)は「たこ焼きパーティーを開いたこともあった。いろんな人が永田さんを通じて知り合った」と振り返る。

 がんが悪化し、入院した永田さんは知人に「お墓に入るのではなく、お地蔵さんになりたい」と話したという。亡くなった後、利用者と池谷さんらが「じゅんこ地蔵」の制作を開始。永田さんのお気に入りだった五十嵐智佳さん(49)の作品が地蔵になった。高さ約30センチで、手を合わせてほほえんでいる。

 8月下旬、「飛びだし坊や」との旅行記をまとめた永田さんの本「『がん』と旅する飛び出し坊や」の出版記念式が同作業所であり、約100人に「じゅんこ地蔵」が披露された。棚田の見える窯の近くにも地蔵を置く予定で、池谷さんは「重い病気にもかかわらず明るく接し、心地よいそよ風のような人だった。地蔵を通じて人とのつながりができればうれしい」と話す。

【 2016年09月25日 14時12分 】

ニュース写真

  • 永田さんの望みをかなえるため、丸太をくりぬいたほこらに安置された「じゅんこ地蔵」と、作者の五十嵐さん(栗東市小野・第二栗東なかよし作業所)=左=と「飛び出し坊や」のポーズをする生前の永田さん(能美舎提供、(C)関健作)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]