出版案内
福祉事業団

美浜原発事故なら「琵琶湖の魚への影響、長期に」 滋賀県予測 

琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測
琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測

 滋賀県は5日、福井県の美浜原発で、福島第1原発事故と同規模の事故が起きた場合、琵琶湖の魚に最大で国の食品基準値の1・65倍に相当する放射性セシウムが蓄積されるとする予測結果を公表した。セシウム濃度は事故の約2年後にピークとなり、基準値以下となるまでに5年ほどかかる見込みという。県は「生態系への影響が長期間にわたることが示された」としている。

 美浜原発で事故が起きた場合、北西の風が吹き、雨が降っている時に琵琶湖への影響が最も大きくなるとみられている。過去の気象観測結果から、この条件に合う2011年8月20日に事故が発生したと想定。環境省が福島県内の湖沼で実施している福島第1原発事故の影響調査結果と照らし合わせ、植物、動物両プランクトン、アユなどの「プランクトン食性魚」、フナなどの「雑食性魚」、オオクチバスやビワマスなどの「魚食性魚」の5種について、体内に蓄積される放射性セシウムの濃度を予測した。

 その結果、プランクトンの蓄積濃度には大きな変化はなかったが、魚は事故から約1年後に数値が上昇。国の食品基準値100ベクレルを超えたのは、水中に浮遊する放射性セシウムとともに魚を捕食する魚で、雑食性魚は事故から約2年後に最大で102ベクレル、魚食性魚は最大165ベクレルに達した。プランクトン食性魚は最大で1キロ当たり13ベクレルだった。

 その後は雑食性魚、魚食性魚とも、体内から排出されるなどしてゆるやかに濃度が低下。雑食性魚は半年ほどで基準値を下回るが、魚食性魚は事故から4年半を経ても120ベクレルほどまでしか下がらず、基準値を下回るまでに約5年が必要になることが分かった。

 福島などでは、原発事故から5年半あまりを経た現在も一部の魚で出荷制限が続いている。県環境政策課は「生態系が放射能で汚染されれば、その影響は長期に及ぶ。実際の事故時には注意深くモニタリングを続ける必要がある」としている。

【 2016年10月05日 22時30分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      相模原殺傷事件1年を前に追悼式
      19人犠牲者、人柄しのぶ

      20170724000133

       相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都市対抗、決勝はNTT東―日通
      ともに2度目V狙う

      20170724000105

       都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)と..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホバッテリーを自主回収
      UPQ製、焼損事故

      20170724000127

       家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]