出版案内
福祉事業団

美浜原発事故なら「琵琶湖の魚への影響、長期に」 滋賀県予測 

琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測
琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測

 滋賀県は5日、福井県の美浜原発で、福島第1原発事故と同規模の事故が起きた場合、琵琶湖の魚に最大で国の食品基準値の1・65倍に相当する放射性セシウムが蓄積されるとする予測結果を公表した。セシウム濃度は事故の約2年後にピークとなり、基準値以下となるまでに5年ほどかかる見込みという。県は「生態系への影響が長期間にわたることが示された」としている。

 美浜原発で事故が起きた場合、北西の風が吹き、雨が降っている時に琵琶湖への影響が最も大きくなるとみられている。過去の気象観測結果から、この条件に合う2011年8月20日に事故が発生したと想定。環境省が福島県内の湖沼で実施している福島第1原発事故の影響調査結果と照らし合わせ、植物、動物両プランクトン、アユなどの「プランクトン食性魚」、フナなどの「雑食性魚」、オオクチバスやビワマスなどの「魚食性魚」の5種について、体内に蓄積される放射性セシウムの濃度を予測した。

 その結果、プランクトンの蓄積濃度には大きな変化はなかったが、魚は事故から約1年後に数値が上昇。国の食品基準値100ベクレルを超えたのは、水中に浮遊する放射性セシウムとともに魚を捕食する魚で、雑食性魚は事故から約2年後に最大で102ベクレル、魚食性魚は最大165ベクレルに達した。プランクトン食性魚は最大で1キロ当たり13ベクレルだった。

 その後は雑食性魚、魚食性魚とも、体内から排出されるなどしてゆるやかに濃度が低下。雑食性魚は半年ほどで基準値を下回るが、魚食性魚は事故から4年半を経ても120ベクレルほどまでしか下がらず、基準値を下回るまでに約5年が必要になることが分かった。

 福島などでは、原発事故から5年半あまりを経た現在も一部の魚で出荷制限が続いている。県環境政策課は「生態系が放射能で汚染されれば、その影響は長期に及ぶ。実際の事故時には注意深くモニタリングを続ける必要がある」としている。

【 2016年10月05日 22時30分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]