出版案内
福祉事業団

美浜原発事故なら「琵琶湖の魚への影響、長期に」 滋賀県予測 

琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測
琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測

 滋賀県は5日、福井県の美浜原発で、福島第1原発事故と同規模の事故が起きた場合、琵琶湖の魚に最大で国の食品基準値の1・65倍に相当する放射性セシウムが蓄積されるとする予測結果を公表した。セシウム濃度は事故の約2年後にピークとなり、基準値以下となるまでに5年ほどかかる見込みという。県は「生態系への影響が長期間にわたることが示された」としている。

 美浜原発で事故が起きた場合、北西の風が吹き、雨が降っている時に琵琶湖への影響が最も大きくなるとみられている。過去の気象観測結果から、この条件に合う2011年8月20日に事故が発生したと想定。環境省が福島県内の湖沼で実施している福島第1原発事故の影響調査結果と照らし合わせ、植物、動物両プランクトン、アユなどの「プランクトン食性魚」、フナなどの「雑食性魚」、オオクチバスやビワマスなどの「魚食性魚」の5種について、体内に蓄積される放射性セシウムの濃度を予測した。

 その結果、プランクトンの蓄積濃度には大きな変化はなかったが、魚は事故から約1年後に数値が上昇。国の食品基準値100ベクレルを超えたのは、水中に浮遊する放射性セシウムとともに魚を捕食する魚で、雑食性魚は事故から約2年後に最大で102ベクレル、魚食性魚は最大165ベクレルに達した。プランクトン食性魚は最大で1キロ当たり13ベクレルだった。

 その後は雑食性魚、魚食性魚とも、体内から排出されるなどしてゆるやかに濃度が低下。雑食性魚は半年ほどで基準値を下回るが、魚食性魚は事故から4年半を経ても120ベクレルほどまでしか下がらず、基準値を下回るまでに約5年が必要になることが分かった。

 福島などでは、原発事故から5年半あまりを経た現在も一部の魚で出荷制限が続いている。県環境政策課は「生態系が放射能で汚染されれば、その影響は長期に及ぶ。実際の事故時には注意深くモニタリングを続ける必要がある」としている。

【 2016年10月05日 22時30分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖の魚への放射性セシウム蓄積予測
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      山裾、市街地、国道24号拡幅 国道「宇治木津線」3案を公開

      20170922000071

       国土交通省はこのほど、京都府城陽市から井手町、木津川市山城町を南北で結ぶ新たな国道「宇..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高梨沙羅、スロベニア合宿へ
      「動作完成させたい」

      20170922000090

       ノルディックスキーのジャンプ女子で平昌五輪の金メダル獲得を目指す高梨沙羅(クラレ)が2..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値2万0289円
      北朝鮮情勢で反落

      20170922000085

       22日午前の東京株式市場は、前日の米国株安が重荷となり、売り注文が優勢になって日経平均..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「関ケ原」テーマの72冊紹介 京都府立図書館に特設コーナー

      20170922000091

       関ケ原の合戦をテーマにした本を集めたミニコーナー「関ケ原~武将たちの決断」が、京都市左..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      入場者が100万人を突破
      熊本県の水俣病資料館

      20170922000101

       水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来..... [ 記事へ ]