出版案内
福祉事業団

路上駐車や路上撮影にヤキモキ 滋賀・高島のメタセコイア並木

知名度が急上昇するメタセコイア並木。路上の記念撮影は危険も(高島市マキノ町)
知名度が急上昇するメタセコイア並木。路上の記念撮影は危険も(高島市マキノ町)

 四季を通じて楽しめる滋賀県高島市マキノ町のメタセコイア並木。テレビCMやドラマ、雑誌などで度々取り上げられ、全国的に知名度が急上昇する一方で、秋の観光シーズンを前に、路上駐車や路上撮影する観光客が後が絶たず、地元はヤキモキしている。観光の柱としてPRには努めたいが、「最低限のマナーは守ってほしい」と呼びかける。

■人気が出るのはいいけれど、渋滞や事故の恐れ

 「マキノ高原のメタセコイア並木」は、1981年にマキノ町果樹生産組合が約500本の苗木を県道沿いに植え、地元の保存会が大切に手入れしてきた。苗木は35年を経て樹高25メートルを超え、全長2・4キロの並木道として整備。観光名所の一つになった。

 景観の美しさからこれまでも人気スポットだったが、大手引っ越し会社のテレビCMを機に、さらに話題を集めた。SNS(会員制交流サイト)を通じ、予想を超えた人たちが訪れるようになった。昨秋の紅葉期はツーリングやドライブで殺到し、路上に駐車して並木を背景に撮影する人が続出。並木道の周辺で渋滞が起こり、地元住民は遠回りして車を走らせたという。

 並木道は生活道であり、長い直線道なので車のスピードが出やすく極めて危険だ。地元住民から「昨年の経験があるだけに紅葉と聞くと、憂鬱(ゆううつ)な気分になる」「撮影で路上に飛び出す人も。事故につながる」との声もある。

 近くには農業公園マキノピックランドがあり、無料駐車場(160台)を完備。看板で誘導に努めるが、イタチごっこが続く。マキノ町果樹生産組合の高木正事務局長は「景観を損なうので、看板の注意呼び掛けにも限界がある。公園の駐車場を利用して、ゆっくりと秋の散策を楽しんでください」と話す。

【 2016年10月11日 23時10分 】

ニュース写真

  • 知名度が急上昇するメタセコイア並木。路上の記念撮影は危険も(高島市マキノ町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      占いとは? 京都・八坂と三条、2人の“母”に聞く

      20170326000080

       「あなたの運勢鑑定します」「恋愛、仕事、あなたの悩みを正しい方向に導きます」。一時期ほ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      IH女子、道路建設が18度目V
      全日本選手権最終日

      20170326000109

       アイスホッケーの全日本女子選手権最終日は26日、札幌市月寒体育館で行われ、道路建設ペリ..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      やはり千年の都、「まじない」京都に息づく 幸せに暮らす知恵

      20170326000077

       京都市中心部を歩くと、民家やビルの敷地の隅に見られる「鬼門よけ」。東北を鬼門、西南を裏..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      懐かしの給食食器買えます 京都市学校歴史博

      20170326000072

       京都市学校歴史博物館(下京区)はこのほど、番組小の地図が描かれたエコバッグや学校給食で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「乳がん検診受けて」
      2千人歩き、啓発呼び掛け

      20170326000068

       乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける「ピンクリボンウオーク2017」が26日、東京都内で..... [ 記事へ ]