出版案内
福祉事業団

路上駐車や路上撮影にヤキモキ 滋賀・高島のメタセコイア並木

知名度が急上昇するメタセコイア並木。路上の記念撮影は危険も(高島市マキノ町)
知名度が急上昇するメタセコイア並木。路上の記念撮影は危険も(高島市マキノ町)

 四季を通じて楽しめる滋賀県高島市マキノ町のメタセコイア並木。テレビCMやドラマ、雑誌などで度々取り上げられ、全国的に知名度が急上昇する一方で、秋の観光シーズンを前に、路上駐車や路上撮影する観光客が後が絶たず、地元はヤキモキしている。観光の柱としてPRには努めたいが、「最低限のマナーは守ってほしい」と呼びかける。

■人気が出るのはいいけれど、渋滞や事故の恐れ

 「マキノ高原のメタセコイア並木」は、1981年にマキノ町果樹生産組合が約500本の苗木を県道沿いに植え、地元の保存会が大切に手入れしてきた。苗木は35年を経て樹高25メートルを超え、全長2・4キロの並木道として整備。観光名所の一つになった。

 景観の美しさからこれまでも人気スポットだったが、大手引っ越し会社のテレビCMを機に、さらに話題を集めた。SNS(会員制交流サイト)を通じ、予想を超えた人たちが訪れるようになった。昨秋の紅葉期はツーリングやドライブで殺到し、路上に駐車して並木を背景に撮影する人が続出。並木道の周辺で渋滞が起こり、地元住民は遠回りして車を走らせたという。

 並木道は生活道であり、長い直線道なので車のスピードが出やすく極めて危険だ。地元住民から「昨年の経験があるだけに紅葉と聞くと、憂鬱(ゆううつ)な気分になる」「撮影で路上に飛び出す人も。事故につながる」との声もある。

 近くには農業公園マキノピックランドがあり、無料駐車場(160台)を完備。看板で誘導に努めるが、イタチごっこが続く。マキノ町果樹生産組合の高木正事務局長は「景観を損なうので、看板の注意呼び掛けにも限界がある。公園の駐車場を利用して、ゆっくりと秋の散策を楽しんでください」と話す。

【 2016年10月11日 23時10分 】

ニュース写真

  • 知名度が急上昇するメタセコイア並木。路上の記念撮影は危険も(高島市マキノ町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      公安庁、国際テロ要覧を公表
      日本「最大限の注意が必要」

      20170626000078

       公安調査庁は26日、世界のテロ組織の実態などをまとめた2017年版「国際テロリズム要覧..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、松山2位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000080

       男子ゴルフの25日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は2位で変わらなかった。谷原..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝半導体、27日に売却契約
      米WDとの対立続き、頓挫も

      20170626000083

       経営再建中の東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却に向けて、27日に産業革新..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アジサイ5千株、雨に鮮やか 京都・楊谷寺

      20170626000030

       「長岡京あじさいまつり」が25日、京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺であった。時折、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]