出版案内
福祉事業団

元暴力団員の社会復帰探る 大津、研究者「成功例共有を」

暴力団の離脱実態などについて報告されたシンポジウム(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
暴力団の離脱実態などについて報告されたシンポジウム(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)

 暴力団の離脱実態と社会復帰の課題をテーマにしたシンポジウムが13日、大津市の龍谷大瀬田キャンパスであり、元暴力団員から聞き取り調査を行った研究者や、再犯防止問題を解決するために設立された会社の役員が講演した。

 同大学国際社会文化研究所の主催。久留米大非常勤講師で作家の廣末登さんは、元組員ら11人から調査した結果を報告した。結婚出産や親分の変更、刑務所への収監などを契機に暴力団から抜けるケースが多く、幹部級の者は安定した職業に就いている一方、それ以外は無職で「アウトロー」になる傾向を指摘。「暴力団排除条例の規定で離脱後5年間は暴力団員と見なされ、銀行口座が作れず、賃貸契約ができないといった制約がある」と話し、官民の協働と地域の支援を模索し、離脱の成功事例を社会で共有する必要性を説いた。

 刑務所や少年院から出た人を支援し、再犯防止を目的に設立した日本初の株式会社「ヒューマンハーバー」(福岡市)常務取締役の二宮実さんは「就労・教育・宿泊」が三位一体となった環境リサイクル業の経営について報告。「再犯を防ぎ、納税者を増やすことが事業目的」と話し、こうした三位一体型の中間支援施設を全国に広げる動きについて説明した。「社員27人のうち9人が服役経験者」と話し、重視している「教育支援」の授業風景なども披露した。

【 2016年10月13日 22時15分 】

ニュース写真

  • 暴力団の離脱実態などについて報告されたシンポジウム(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      沖縄・辺野古埋め立て着工1カ月
      延びる護岸、濁る海

      20170524000120

       政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山中慎介、8月にV13戦
      防衛記録懸け同級1位選手と

      20170524000149

       世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が次戦で同級1位のルイス..... [ 記事へ ]

      経済

      ドコモ、海外でもdポイント付与
      6月からグアムで

      20170524000135

       NTTドコモは24日、携帯電話料金やコンビニの支払いで付与する「dポイント」の海外展開..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      喫茶の文化、現代流に復興を 小川流煎茶新家元

      20170524000098

       小川流煎茶(京都市北区)の七代家元を小川後楽さん(45)が21日に襲名した。次期家元と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国宝・不動明王像、鮮やかに復元模写 京都・醍醐寺

      20170523000124

       醍醐寺所蔵の国宝の密教絵画「絹本著色(けんぽんちょしょく)五大尊像」の一つ「不動明王像..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]