出版案内
福祉事業団

元暴力団員の社会復帰探る 大津、研究者「成功例共有を」

暴力団の離脱実態などについて報告されたシンポジウム(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
暴力団の離脱実態などについて報告されたシンポジウム(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)

 暴力団の離脱実態と社会復帰の課題をテーマにしたシンポジウムが13日、大津市の龍谷大瀬田キャンパスであり、元暴力団員から聞き取り調査を行った研究者や、再犯防止問題を解決するために設立された会社の役員が講演した。

 同大学国際社会文化研究所の主催。久留米大非常勤講師で作家の廣末登さんは、元組員ら11人から調査した結果を報告した。結婚出産や親分の変更、刑務所への収監などを契機に暴力団から抜けるケースが多く、幹部級の者は安定した職業に就いている一方、それ以外は無職で「アウトロー」になる傾向を指摘。「暴力団排除条例の規定で離脱後5年間は暴力団員と見なされ、銀行口座が作れず、賃貸契約ができないといった制約がある」と話し、官民の協働と地域の支援を模索し、離脱の成功事例を社会で共有する必要性を説いた。

 刑務所や少年院から出た人を支援し、再犯防止を目的に設立した日本初の株式会社「ヒューマンハーバー」(福岡市)常務取締役の二宮実さんは「就労・教育・宿泊」が三位一体となった環境リサイクル業の経営について報告。「再犯を防ぎ、納税者を増やすことが事業目的」と話し、こうした三位一体型の中間支援施設を全国に広げる動きについて説明した。「社員27人のうち9人が服役経験者」と話し、重視している「教育支援」の授業風景なども披露した。

【 2016年10月13日 22時15分 】

ニュース写真

  • 暴力団の離脱実態などについて報告されたシンポジウム(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]