出版案内
福祉事業団

滋賀でドラゴンボート熱 全国大会出場チームも急増

県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)
県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)

 滋賀県内でドラゴンボートに取り組む人が増えている。素人でも簡単に挑戦できるうえチームワークが勝敗を分ける奥の深いスポーツで、裾野が広がり全国大会出場チームも急増。2021年の「関西ワールドマスターズゲームズ」ではドラゴンボート会場に滋賀が立候補していることもあり、関係者らはさらなる競技熱の高まりに期待している。

 県内で競技者が増えたきっかけは、2001年、大津市雄琴5丁目のレジャー施設「オーパル」が、県内を拠点とする琵琶湖ドラゴンボートクラブの要望を受け、10艇を貸し出す練習体制を整えたことにある。

 ボートは一般的な22人乗りで16メートルの長さがあり、保管場所の確保が課題だった。ボートを持っていなくても練習できる関西唯一の場所ができたことで、県内にさまざまなチームが生まれたという。

 例えば2004年には大津市の新興住宅地・池の里地域の住民らが「せっかく近くに琵琶湖があるのだから」と「池の里レイカーズ!」を結成。メンバーは夏まつりや清掃活動にも積極的に参加し、地域の連帯感も高まったという。キャプテン古口謙二さん(47)は「気持ちを一つにしないと勝てないし、どうすれば速くなるか研究するのも楽しみ」と魅力を語る。

 このほか、全国優勝を目指す「琵琶湖ドラゴンボートクラブ」や、女性友達のつながりで結成された「スピリッツクラブ」など多彩なチームがある。15年前には県内チームがゼロだった全日本選手権に、今では10チームが出場する。

 13年からは、びわこ競艇場(大津市茶が崎1丁目)で、10人こぎの「スモールドラゴンボート」の全日本選手権大会も始まり、今年も23日に大会がある。

 誘致している関西ワールドマスターズゲームズは、26日に正式決定される。30代以上なら誰もが出場できるのが特徴で、県ドラゴンボート協会事務局長も務めるオーパル社長の山脇秀錬さん(54)は「滋賀に決まれば県内の競技者の大きな目標となる上、『琵琶湖のドラゴンボート』が世界中から注目される」と期待を高めている。

【 2016年10月21日 22時31分 】

ニュース写真

  • 県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      占いとは? 京都・八坂と三条、2人の“母”に聞く

      20170326000080

       「あなたの運勢鑑定します」「恋愛、仕事、あなたの悩みを正しい方向に導きます」。一時期ほ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      IH女子、道路建設が18度目V
      全日本選手権最終日

      20170326000109

       アイスホッケーの全日本女子選手権最終日は26日、札幌市月寒体育館で行われ、道路建設ペリ..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      やはり千年の都、「まじない」京都に息づく 幸せに暮らす知恵

      20170326000077

       京都市中心部を歩くと、民家やビルの敷地の隅に見られる「鬼門よけ」。東北を鬼門、西南を裏..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      懐かしの給食食器買えます 京都市学校歴史博

      20170326000072

       京都市学校歴史博物館(下京区)はこのほど、番組小の地図が描かれたエコバッグや学校給食で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「乳がん検診受けて」
      2千人歩き、啓発呼び掛け

      20170326000068

       乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける「ピンクリボンウオーク2017」が26日、東京都内で..... [ 記事へ ]