出版案内
福祉事業団

滋賀でドラゴンボート熱 全国大会出場チームも急増

県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)
県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)

 滋賀県内でドラゴンボートに取り組む人が増えている。素人でも簡単に挑戦できるうえチームワークが勝敗を分ける奥の深いスポーツで、裾野が広がり全国大会出場チームも急増。2021年の「関西ワールドマスターズゲームズ」ではドラゴンボート会場に滋賀が立候補していることもあり、関係者らはさらなる競技熱の高まりに期待している。

 県内で競技者が増えたきっかけは、2001年、大津市雄琴5丁目のレジャー施設「オーパル」が、県内を拠点とする琵琶湖ドラゴンボートクラブの要望を受け、10艇を貸し出す練習体制を整えたことにある。

 ボートは一般的な22人乗りで16メートルの長さがあり、保管場所の確保が課題だった。ボートを持っていなくても練習できる関西唯一の場所ができたことで、県内にさまざまなチームが生まれたという。

 例えば2004年には大津市の新興住宅地・池の里地域の住民らが「せっかく近くに琵琶湖があるのだから」と「池の里レイカーズ!」を結成。メンバーは夏まつりや清掃活動にも積極的に参加し、地域の連帯感も高まったという。キャプテン古口謙二さん(47)は「気持ちを一つにしないと勝てないし、どうすれば速くなるか研究するのも楽しみ」と魅力を語る。

 このほか、全国優勝を目指す「琵琶湖ドラゴンボートクラブ」や、女性友達のつながりで結成された「スピリッツクラブ」など多彩なチームがある。15年前には県内チームがゼロだった全日本選手権に、今では10チームが出場する。

 13年からは、びわこ競艇場(大津市茶が崎1丁目)で、10人こぎの「スモールドラゴンボート」の全日本選手権大会も始まり、今年も23日に大会がある。

 誘致している関西ワールドマスターズゲームズは、26日に正式決定される。30代以上なら誰もが出場できるのが特徴で、県ドラゴンボート協会事務局長も務めるオーパル社長の山脇秀錬さん(54)は「滋賀に決まれば県内の競技者の大きな目標となる上、『琵琶湖のドラゴンボート』が世界中から注目される」と期待を高めている。

【 2016年10月21日 22時31分 】

ニュース写真

  • 県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      中華航空機事故から23年
      遺族ら参列、冥福祈る

      20170426000177

       乗客乗員264人が死亡した1994年の名古屋空港(現愛知県営名古屋空港)の中華航空機墜..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ4―1日(26日)
      ソフトBが一回に4点

      20170426000178

       ソフトバンクは一回に今宮が1号ソロを放ち、内川の適時打、デスパイネの3号2ランで計4点..... [ 記事へ ]

      経済

      窓から鴨川一望、ゆったり宿泊 京都、新ホテル相次ぎ完成

      20170426000139

       京都市中京区で26日、西日本鉄道(福岡市)と藤田観光(東京都)がそれぞれ近日オープンさ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      雨にぬれる青モミジ、幻想的に 京都、無鄰庵でライトアップ

      20170426000167

       明治時代に山県有朋が造った別荘「無鄰庵」(京都市左京区南禅寺)で、初めて新緑のライトア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      金属使い多様な色作る彩色法
      理研が開発、半永久的に色保持

      20170426000154

       アルミニウムの薄い膜を使って表面に微細な凹凸加工をすることで、多様な色を作り出せる彩色..... [ 記事へ ]