出版案内
福祉事業団

滋賀でドラゴンボート熱 全国大会出場チームも急増

県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)
県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)

 滋賀県内でドラゴンボートに取り組む人が増えている。素人でも簡単に挑戦できるうえチームワークが勝敗を分ける奥の深いスポーツで、裾野が広がり全国大会出場チームも急増。2021年の「関西ワールドマスターズゲームズ」ではドラゴンボート会場に滋賀が立候補していることもあり、関係者らはさらなる競技熱の高まりに期待している。

 県内で競技者が増えたきっかけは、2001年、大津市雄琴5丁目のレジャー施設「オーパル」が、県内を拠点とする琵琶湖ドラゴンボートクラブの要望を受け、10艇を貸し出す練習体制を整えたことにある。

 ボートは一般的な22人乗りで16メートルの長さがあり、保管場所の確保が課題だった。ボートを持っていなくても練習できる関西唯一の場所ができたことで、県内にさまざまなチームが生まれたという。

 例えば2004年には大津市の新興住宅地・池の里地域の住民らが「せっかく近くに琵琶湖があるのだから」と「池の里レイカーズ!」を結成。メンバーは夏まつりや清掃活動にも積極的に参加し、地域の連帯感も高まったという。キャプテン古口謙二さん(47)は「気持ちを一つにしないと勝てないし、どうすれば速くなるか研究するのも楽しみ」と魅力を語る。

 このほか、全国優勝を目指す「琵琶湖ドラゴンボートクラブ」や、女性友達のつながりで結成された「スピリッツクラブ」など多彩なチームがある。15年前には県内チームがゼロだった全日本選手権に、今では10チームが出場する。

 13年からは、びわこ競艇場(大津市茶が崎1丁目)で、10人こぎの「スモールドラゴンボート」の全日本選手権大会も始まり、今年も23日に大会がある。

 誘致している関西ワールドマスターズゲームズは、26日に正式決定される。30代以上なら誰もが出場できるのが特徴で、県ドラゴンボート協会事務局長も務めるオーパル社長の山脇秀錬さん(54)は「滋賀に決まれば県内の競技者の大きな目標となる上、『琵琶湖のドラゴンボート』が世界中から注目される」と期待を高めている。

【 2016年10月21日 22時31分 】

ニュース写真

  • 県内で競技者が増えているドラゴンボート。2021年の関西ワールドマスターズゲームズでも滋賀が会場候補となっている(大津市雄琴5丁目・オーパル沖の琵琶湖)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      多彩にわいわい、お腹いっぱい 滋賀の子ども食堂

      20170819000071

       滋賀県内で広がる「淡海子ども食堂」は、地域の食材を生かしたり、女性が中心になったりと、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      前橋育英4―10花咲徳栄
      花咲が好機逃さず

      20170819000082

       花咲徳栄は好機を着実に得点につなげて10点を奪った。一回に千丸、西川、野村の3連続長打..... [ 記事へ ]

      経済

      学術無線LAN、京都の旅館で 宿泊施設導入は国内初

      20170819000032

       京都市中京区の旅館こうろは18日、国内外の教育・研究機関で利用されている無線LANの相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日中韓の友好、汁でホットに 京都で学生ら活動を計画

      20170819000072

       京都市など日中韓3カ国の都市が文化交流を展開する「東アジア文化都市2017」の一環で、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・八木中学の美化活動を表彰 日本観光振興協会

      20170819000054

       京都南丹市花火大会終了後の清掃活動に毎年取り組んでいる京都府南丹市八木町の八木中が、日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2A打ち上げへ最終準備
      衛星みちびき搭載

      20170819000040

       政府の人工衛星「みちびき3号機」を搭載したH2Aロケット35号機の打ち上げに向け、三菱..... [ 記事へ ]