出版案内
福祉事業団

琵琶湖の生物多様性、保全訴え 滋賀で国際シンポ

琵琶湖やバイカル湖、マラウイ湖など古代湖の魅力を探ったシンポジウム(草津市下物町・滋賀県立琵琶湖博物館)
琵琶湖やバイカル湖、マラウイ湖など古代湖の魅力を探ったシンポジウム(草津市下物町・滋賀県立琵琶湖博物館)

 滋賀県立琵琶湖博物館の開館20周年を記念した国際シンポジウム「古代湖の魅力」が22日、草津市下物町の同博物館であった。世界最古のバイカル湖や漁業が盛んなマラウイ湖と琵琶湖を比較しながら、多くの固有種が生息する琵琶湖の価値をあらためて見つめた。

 バイカル博物館(ロシア)のウラジーミル・フィアルコフ館長が、約3千万年の歴史があるバイカル湖の生息生物について解説した。マラウイ大のボスコ・ルスワ准教授は、マラウイ湖には500~800種の魚類がいることを紹介。人口の増加に伴い、乱獲などの問題が生じているとも報告した。

 琵琶湖博物館のマーク・グライガー上席総括学芸員は「琵琶湖にいる無脊椎動物のうち81種が固有種である可能性がある」、京都大の渡辺勝敏准教授は「魚類のうちホンモロコなど15種が固有種」と研究を基に琵琶湖の多様性を伝えた。県水産試験場の元場長、藤岡康弘氏は琵琶湖の在来魚の半数に絶滅の恐れがあると指摘し「琵琶湖は世界遺産に値する。保全と回復に向け、今こそ『せっけん運動』以上の活動を進める必要がある」と訴えた。

 シンポには約150人が参加。開館20周年を祝う記念式典も行われた。

【 2016年10月22日 22時20分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖やバイカル湖、マラウイ湖など古代湖の魅力を探ったシンポジウム(草津市下物町・滋賀県立琵琶湖博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      山裾、市街地、国道24号拡幅 国道「宇治木津線」3案を公開

      20170922000071

       国土交通省はこのほど、京都府城陽市から井手町、木津川市山城町を南北で結ぶ新たな国道「宇..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高梨沙羅、スロベニア合宿へ
      「動作完成させたい」

      20170922000090

       ノルディックスキーのジャンプ女子で平昌五輪の金メダル獲得を目指す高梨沙羅(クラレ)が2..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値2万0289円
      北朝鮮情勢で反落

      20170922000085

       22日午前の東京株式市場は、前日の米国株安が重荷となり、売り注文が優勢になって日経平均..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「関ケ原」テーマの72冊紹介 京都府立図書館に特設コーナー

      20170922000091

       関ケ原の合戦をテーマにした本を集めたミニコーナー「関ケ原~武将たちの決断」が、京都市左..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      入場者が100万人を突破
      熊本県の水俣病資料館

      20170922000101

       水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来..... [ 記事へ ]