出版案内
福祉事業団

秋風に揺れ、甘さ熟成 滋賀・米原で干し柿作り

柿屋につるされ、熟すのを待つ「あまんぼう」(5日午前10時、米原市日光寺)
柿屋につるされ、熟すのを待つ「あまんぼう」(5日午前10時、米原市日光寺)

 滋賀県米原市日光寺地域で、特産の干し柿「あまんぼう」作りが行われている。「柿屋(かきのや)」と呼ばれるやぐらにずらりと柿がつるされ、伊吹山からの木枯らしに吹かれて熟成を待っている。

 あまんぼうは、日当たりがよく、冷たい風にさらされる同地区の気候を生かし、明治時代から作られてきた。戦後に一時廃れたが、約20年前に地元の住民らがグループ「サン・ワークス」をつくり、復活させた。

 作業にはグループの約20人が参加している。渋柿の「蜂屋柿」と「富士柿」の2種類の皮をむき、3週間ほどやぐらでつるした後、むしろに広げて天日で干す。1カ月ほどで白い粉を吹き、完成する。今年は例年と同量の約5300個を生産するという。

【 2016年11月05日 22時10分 】

ニュース写真

  • 柿屋につるされ、熟すのを待つ「あまんぼう」(5日午前10時、米原市日光寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      相模原殺傷事件1年を前に追悼式
      19人犠牲者、人柄しのぶ

      20170724000133

       相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都市対抗、決勝はNTT東―日通
      ともに2度目V狙う

      20170724000105

       都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)と..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホバッテリーを自主回収
      UPQ製、焼損事故

      20170724000127

       家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]