出版案内
福祉事業団

秋風に揺れ、甘さ熟成 滋賀・米原で干し柿作り

柿屋につるされ、熟すのを待つ「あまんぼう」(5日午前10時、米原市日光寺)
柿屋につるされ、熟すのを待つ「あまんぼう」(5日午前10時、米原市日光寺)

 滋賀県米原市日光寺地域で、特産の干し柿「あまんぼう」作りが行われている。「柿屋(かきのや)」と呼ばれるやぐらにずらりと柿がつるされ、伊吹山からの木枯らしに吹かれて熟成を待っている。

 あまんぼうは、日当たりがよく、冷たい風にさらされる同地区の気候を生かし、明治時代から作られてきた。戦後に一時廃れたが、約20年前に地元の住民らがグループ「サン・ワークス」をつくり、復活させた。

 作業にはグループの約20人が参加している。渋柿の「蜂屋柿」と「富士柿」の2種類の皮をむき、3週間ほどやぐらでつるした後、むしろに広げて天日で干す。1カ月ほどで白い粉を吹き、完成する。今年は例年と同量の約5300個を生産するという。

【 2016年11月05日 22時10分 】

ニュース写真

  • 柿屋につるされ、熟すのを待つ「あまんぼう」(5日午前10時、米原市日光寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]