出版案内
福祉事業団

湖沼の課題「交流通じ解決を」 バリの国際会議、滋賀の児童ら

直面している環境保護の課題の違いなどについて学ぶゲームを通して交流する京滋の小学生と現地の児童たち(インドネシア・バリ島 国立ペグヤンアン第1小)
直面している環境保護の課題の違いなどについて学ぶゲームを通して交流する京滋の小学生と現地の児童たち(インドネシア・バリ島 国立ペグヤンアン第1小)

 世界の湖沼が直面している課題の解決に向け、研究者や行政関係者、市民団体メンバーらが意見交換する「第16回世界湖沼会議」が7日、インドネシアのバリ島で開幕した。8日の開会式に先立ち、京滋から参加している小学生が現地の小学校を訪問し、環境保護に向けたそれぞれの活動を紹介した。

 滋賀県の「ラムサールびわっこ大使」として活動する6人と、国際湖沼環境委員会(ILEC、草津市)の子ども交流事業に応募した亀岡市の3人、京都市の1人の小学生計10人。5日に現地入りし、地元の大学訪問や農村での生き物調査などを通してバリ島の環境保護活動を学んでいる。この日は国立ペグヤンアン第1小を訪れた。

 同小の児童から、バリ島で課題になっているごみの分別やリサイクルについての発表を聞いた後、びわっこ大使が水田を琵琶湖の魚の産卵や成長の場にする「魚のゆりかご水田プロジェクト」や滋賀の郷土食ふなずしなどを紹介。亀岡市の「川と海つながり共創プロジェクト」のメンバーは、海岸に漂着するごみの種類を調べた成果などを発表し、京都市の「鴨川探検隊」は鴨川に住む生き物の様子などを解説した。日本とバリ島の環境に対する考え方や課題の違いを学ぶゲームも楽しんだ。

 びわっこ大使の岩根小6年望月結菜さん(11)=湖南市=は「課題は違っても、今回のような交流を通していっしょに解決していくことが大事だと思った」、共創プロジェクトの千代川小6年願野颯輝君(12)=亀岡市=も「ぼくたちもバリの子もごみをなくしたいという気持ちは同じだった」と話していた。

 世界湖沼会議は8日に本体会議の開会式が行われ、10日に議論の成果を「バリ宣言」として採択する予定。

【 2016年11月07日 22時30分 】

ニュース写真

  • 直面している環境保護の課題の違いなどについて学ぶゲームを通して交流する京滋の小学生と現地の児童たち(インドネシア・バリ島 国立ペグヤンアン第1小)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高崎健康福祉大高崎2―9秀岳館
      秀岳館が快勝

      20170329000081

       秀岳館が快勝した。一回に木本の2点本塁打で先制。三回にも木本の犠飛で1点を挙げた。四回..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]