出版案内
福祉事業団

ビワマス戻れ、魚道設置 滋賀のNPOなど産卵床で稚魚確認

上=高さ3メートルを超える落差工に完成した魚道(右側)。手前では落差工を上ろうとビワマスが跳ね、滑り落ちていた=野洲市・中ノ池川 下=野洲市の童子川に設置した産卵床付近で見つかったビワマスの稚魚(3月、NPO法人「家棟川流域観光船」提供、調査のため滋賀県の許可を得て撮影)
上=高さ3メートルを超える落差工に完成した魚道(右側)。手前では落差工を上ろうとビワマスが跳ね、滑り落ちていた=野洲市・中ノ池川 下=野洲市の童子川に設置した産卵床付近で見つかったビワマスの稚魚(3月、NPO法人「家棟川流域観光船」提供、調査のため滋賀県の許可を得て撮影)

 琵琶湖の固有種、ビワマスが遡上(そじょう)しやすい川の復活に取り組んでいる滋賀県野洲市のNPO法人などがこのほど、同市の中ノ池川に木枠を8段積んだ全長9メートルの大きな魚道を完成させた。昨年は手作りの産卵床を同川などの4カ所に初めて設け、春には稚魚も確認されている。関係者は「市中心地のJR野洲駅前の妓王井川までビワマスを遡上させたい」と期待している。

 取り組んでいるのは、NPO法人「家棟(やなむね)川流域観光船」や滋賀県、市、地元自治会などでつくるプロジェクトチーム。野洲市東部を流れる家棟川へ約60年前に産卵のために上っていたビワマスを復活させようと、2014年に大学教授などを交えて調査し、15年8月から本格活動している。

 中ノ池川は家棟川の支流で、高さ3・2メートルの落差工と呼ばれる斜面が遡上を遮っているため、魚道の設置を検討。幅約40センチ、長さ約1メートルの木板で四角い枠を作り、側面に補強するパイプを取り付けた。

 ビワマスの魚道は大津、米原市内にもあるが高さ1~2メートルの落差工に設けられており、野洲の魚道は最も大きい。活動に参加する住民や市担当者は毎日遡上を調査し、これまでに3段まで上ったところを確認。「雨で水量が増えれば8段を上って上流まで遡上できる」という。

 産卵床は中ノ池川と、同じ家棟川支流の童子川で、川底を平らにし、砂利を敷いて作った。今年3月上旬に両川とも産卵床付近で稚魚が計3匹発見された。チームに参加する県琵琶湖環境科学研究センターの佐藤祐一主任研究員(38)によると、ビワマスの産卵床を手作りしたのは初の試みといい、今年はさらに6カ所に増やした。

 今後、調査結果を踏まえて魚道の形を変えたり、段数を増やしたりと改良を加える予定だ。チーム代表の山本義昭さん(72)=野洲市冨波乙=は「強い水流でも耐えられる魚道ができ、一歩ずつ前進している」と手応えを話す。

 12月10日午後1時半から、チームの活動報告会が野洲市辻町の市民活動支援センターで開かれる。ビワマスの炊き込みご飯「あめのいおご飯」の試食会もある。無料。定員100人。申し込みは市環境課TEL077(587)6003。

【 2016年11月20日 13時00分 】

ニュース写真

  • 上=高さ3メートルを超える落差工に完成した魚道(右側)。手前では落差工を上ろうとビワマスが跳ね、滑り落ちていた=野洲市・中ノ池川 下=野洲市の童子川に設置した産卵床付近で見つかったビワマスの稚魚(3月、NPO法人「家棟川流域観光船」提供、調査のため滋賀県の許可を得て撮影)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      相模原殺傷事件1年を前に追悼式
      19人犠牲者、人柄しのぶ

      20170724000133

       相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都市対抗、決勝はNTT東―日通
      ともに2度目V狙う

      20170724000105

       都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)と..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホバッテリーを自主回収
      UPQ製、焼損事故

      20170724000127

       家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]