出版案内
福祉事業団

「龍谷米」学生が販売 栽培から流通まで学ぶ

車内販売する龍谷米と食パンを手にする学生たち(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
車内販売する龍谷米と食パンを手にする学生たち(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)

 龍谷大農学部(大津市)の学生たちが実習農場で育てたコメを「龍谷米」と名付け、23日にJRの琵琶湖一周列車「もみじ号」の車内で販売する。農作物の栽培から収穫、加工、流通まで「食の循環」を身をもって学ぶ初の試み。2015年に発足した農学部の1期生にあたる学生たちは「すべて手作業、減農薬で育てたコメの販売を通じ、私たちの学部の存在もアピールしたい」と意気込む。

 農学部は大津市上田上に2・7ヘクタールの実習農場を持ち、1期生にあたる現在の2年生400人が手で植え付け、1年生400人が鎌で刈り取り、約3トンを収穫した。コメの市場価格も学生たちが調査し、いかに利益を上乗せして販売するかを考え、列車内では3合を350円で販売することに決めた。

 もみじ号は旅行会社が企画した列車で、大阪駅から湖西回りで琵琶湖を一周する。学生10人が長浜駅から京都駅に着くまでの間、乗客に生産過程などを伝えながら60袋を販売する計画。パン製造会社と共同開発した、野生酵母を使った食パンも同時に売る。

 2年生の﨑口佳さん(20)は「炊いて食べてみたら、とてもおいしかった。価格を決める時には、いかに付加価値をつけるかが難しかった」と振り返り、山本滉大さん(20)は「作付けから流通まで『食の循環』を重視したコメをPRして販売したい」と話す。

 一緒に乗り込む農学部長の末原達郎教授は「少し高めの値段設定だが、いかに売れるかを考えさせることが大事」と、学生たちの取り組みを見守る。

【 2016年11月22日 22時13分 】

ニュース写真

  • 車内販売する龍谷米と食パンを手にする学生たち(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]