出版案内
福祉事業団

「龍谷米」学生が販売 栽培から流通まで学ぶ

車内販売する龍谷米と食パンを手にする学生たち(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
車内販売する龍谷米と食パンを手にする学生たち(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)

 龍谷大農学部(大津市)の学生たちが実習農場で育てたコメを「龍谷米」と名付け、23日にJRの琵琶湖一周列車「もみじ号」の車内で販売する。農作物の栽培から収穫、加工、流通まで「食の循環」を身をもって学ぶ初の試み。2015年に発足した農学部の1期生にあたる学生たちは「すべて手作業、減農薬で育てたコメの販売を通じ、私たちの学部の存在もアピールしたい」と意気込む。

 農学部は大津市上田上に2・7ヘクタールの実習農場を持ち、1期生にあたる現在の2年生400人が手で植え付け、1年生400人が鎌で刈り取り、約3トンを収穫した。コメの市場価格も学生たちが調査し、いかに利益を上乗せして販売するかを考え、列車内では3合を350円で販売することに決めた。

 もみじ号は旅行会社が企画した列車で、大阪駅から湖西回りで琵琶湖を一周する。学生10人が長浜駅から京都駅に着くまでの間、乗客に生産過程などを伝えながら60袋を販売する計画。パン製造会社と共同開発した、野生酵母を使った食パンも同時に売る。

 2年生の﨑口佳さん(20)は「炊いて食べてみたら、とてもおいしかった。価格を決める時には、いかに付加価値をつけるかが難しかった」と振り返り、山本滉大さん(20)は「作付けから流通まで『食の循環』を重視したコメをPRして販売したい」と話す。

 一緒に乗り込む農学部長の末原達郎教授は「少し高めの値段設定だが、いかに売れるかを考えさせることが大事」と、学生たちの取り組みを見守る。

【 2016年11月22日 22時13分 】

ニュース写真

  • 車内販売する龍谷米と食パンを手にする学生たち(大津市・龍谷大瀬田キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]