出版案内
福祉事業団

「冬メロン」2年目も甘く 滋賀・守山で出荷 

「冬メロン」の出荷作業に励む農家(守山市洲本町)
「冬メロン」の出荷作業に励む農家(守山市洲本町)

 滋賀県守山市の特産であるメロンを冬に収穫できるよう育てた「冬メロン」の出荷がピークを迎えている。JAと地元農家が共同で栽培し、昨年から商品化を実現。2年目の今年も温度管理などの苦労を乗り越え、大きく甘いメロンが実った。

 JAおうみ冨士と農事組合法人開発営農組合がビニールハウス3棟で1500株を栽培。低コストを目指し、暖房を使わない「無加温」にこだわる。昨年は寒さで木が弱り全体の約半分しか出荷できなかった反省から、今年は地中に電熱線を埋めた。秋口は雨が多く、うどんこ病にも悩まされたが、ハウスの風通しを良くするなど注意深く管理してきた。

 25日は午前8時から組合員が約100個を収穫し、表面に付いた土をたわしで落とした。糖度は14~15度あるといい、西村善一さん(78)は「大きく育ち、甘さにも自信がある。ぜひ味わってほしい」と話す。JAおうみ冨士の直売所「おうみんち」で、1玉2千円前後で販売している。出荷は12月初旬までの予定。

【 2016年11月25日 23時10分 】

ニュース写真

  • 「冬メロン」の出荷作業に励む農家(守山市洲本町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]