出版案内
福祉事業団

認知症の父たたき…「虐待」で面会禁止 行政の判定にトラブル増

父親の写真を見つめる女性。「こんな形で父と離れるとは思ってもみなかった。いろんな人に相談したり、交渉したりして疲れた」とつぶやく(大津市内)
父親の写真を見つめる女性。「こんな形で父と離れるとは思ってもみなかった。いろんな人に相談したり、交渉したりして疲れた」とつぶやく(大津市内)

 高齢者虐待の件数が増える中、介護を尽くしてきた家族がストレスで手を挙げるなどしたため、行政に「虐待者」と判定され、トラブルになるケースが増えている。虐待をしたと判定され、父親と1年以上面会できなかった女性に話を聞いた。

■大津の50代女性、市に不信感抱き解決まで1年

 大津市の50代女性は認知症の80代の父親を5年前から、デイサービスなどを利用しながら一人で介護してきた。父親は昔から気性が荒く、認知症になってからも殴りかかってきたりしたので、女性も抵抗し、押さえつけたり、たたいたりした。

 2014年7月、女性は「親族の財産問題があり、相談したが話が通じず、イライラした」と、父親をたたいた。ケアマネジャーらに相談し、虐待に当たることを指摘され、気をつけるようにした。父親を施設に入れる手配も進めていた。

 だが状況は変わらず、女性は筒で父親をたたき、右目の上にこぶができるけがを負わせた。市は「父親に危険がある」と認定。父親は施設で保護されることになった。安全のため所在地は教えてもらえず、女性は父親と面会できなくなった。

 15年1月、父親に手術が必要となったことから面会が可能になり、一緒に通院もした。女性は、父親の財産管理に関する市の対応などについて、各所へ相談に回った。だが女性が、必要な手続きを怠って父親の施設に面会に一度行ってしまったことから、市は再び面会禁止の措置を取った。

 女性は「介護も頑張り、事前に相談しSOSも出していたのに、『虐待した』と言われたことがショックだった」と話す。市に不信感を抱いてしまったため、担当者とのやりとりはその後平行線のまま、1年近く時間を費やした。

 今年8月になって、ようやく制限が解除され、父親の成年後見人のもと、面会できるようになった。女性は「父親と強制的に離れたことで、気持ちは落ち着き、結果的にはよかった。ただ長期間にわたって父の体調がどうなっているのかまったく分からず、ストレスで倒れそうだった。どうしてこうなったんだろう」と嘆いた。

【 2016年11月27日 21時31分 】

ニュース写真

  • 父親の写真を見つめる女性。「こんな形で父と離れるとは思ってもみなかった。いろんな人に相談したり、交渉したりして疲れた」とつぶやく(大津市内)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]