出版案内
福祉事業団

琵琶湖周航の歌、発祥地から次代へ ~Lefa~が歌い継ぐ

発祥地の今津で「琵琶湖周航の歌」を歌う男性ユニット「~Lefa~」(高島市今津町中沼・琵琶湖周航の歌資料館)
発祥地の今津で「琵琶湖周航の歌」を歌う男性ユニット「~Lefa~」(高島市今津町中沼・琵琶湖周航の歌資料館)

 琵琶湖周航の歌の誕生100周年を前に、滋賀県高島市今津町中沼の琵琶湖周航の歌資料館で、周航の歌を必ず歌うコンサートが定期的に開催され、好評を得ている。滋賀県を拠点に活動する男性ユニット「~Lefa~(リーファ)」が、「発祥地の今津から名曲を次世代に伝えたい」と願い開く活動で、来年の盛り上がりに期待を寄せている。

 同ユニットは、ボーカルで長浜市在住の北川陽大さん(38)と、大阪府池田市出身のギターとキーボードの河野弘行さん(33)で、2012年1月にメジャーデビュー。歌を通して、滋賀県と琵琶湖の魅力を全国に発信しようと13年に始めた。

 25日の「初冬のミニコンサート」は今年で3回目。市内外から約70人が訪れ、来場者と一緒に「われは湖(うみ)の子さすらいの 旅にしあればしみじみと」と合唱したほか、オリジナルの「君の笑顔見たいから」など計6曲を披露し、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 琵琶湖周航の歌は1917(大正6)年6月28日に誕生したとされ、100周年を迎える来年は高島市をPRする絶好の機会になる。北川さんと河野さんは「世代や男女を問わず、歌いやすく、親しみやすい曲だと思う。10代や20代の若者には知らない人も多い。次の世代へとバトンパスし、地域への愛情を育んでいきたい」と話している。

 同館では「来年は節目の年。リピーターも多いので、何とかコンサートを継続し、盛り上げたい」と話す。

【 2016年12月04日 21時30分 】

ニュース写真

  • 発祥地の今津で「琵琶湖周航の歌」を歌う男性ユニット「~Lefa~」(高島市今津町中沼・琵琶湖周航の歌資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      占いとは? 京都・八坂と三条、2人の“母”に聞く

      20170326000080

       「あなたの運勢鑑定します」「恋愛、仕事、あなたの悩みを正しい方向に導きます」。一時期ほ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      IH女子、道路建設が18度目V
      全日本選手権最終日

      20170326000109

       アイスホッケーの全日本女子選手権最終日は26日、札幌市月寒体育館で行われ、道路建設ペリ..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      やはり千年の都、「まじない」京都に息づく 幸せに暮らす知恵

      20170326000077

       京都市中心部を歩くと、民家やビルの敷地の隅に見られる「鬼門よけ」。東北を鬼門、西南を裏..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      懐かしの給食食器買えます 京都市学校歴史博

      20170326000072

       京都市学校歴史博物館(下京区)はこのほど、番組小の地図が描かれたエコバッグや学校給食で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「乳がん検診受けて」
      2千人歩き、啓発呼び掛け

      20170326000068

       乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける「ピンクリボンウオーク2017」が26日、東京都内で..... [ 記事へ ]