出版案内
福祉事業団

琵琶湖周航の歌、発祥地から次代へ ~Lefa~が歌い継ぐ

発祥地の今津で「琵琶湖周航の歌」を歌う男性ユニット「~Lefa~」(高島市今津町中沼・琵琶湖周航の歌資料館)
発祥地の今津で「琵琶湖周航の歌」を歌う男性ユニット「~Lefa~」(高島市今津町中沼・琵琶湖周航の歌資料館)

 琵琶湖周航の歌の誕生100周年を前に、滋賀県高島市今津町中沼の琵琶湖周航の歌資料館で、周航の歌を必ず歌うコンサートが定期的に開催され、好評を得ている。滋賀県を拠点に活動する男性ユニット「~Lefa~(リーファ)」が、「発祥地の今津から名曲を次世代に伝えたい」と願い開く活動で、来年の盛り上がりに期待を寄せている。

 同ユニットは、ボーカルで長浜市在住の北川陽大さん(38)と、大阪府池田市出身のギターとキーボードの河野弘行さん(33)で、2012年1月にメジャーデビュー。歌を通して、滋賀県と琵琶湖の魅力を全国に発信しようと13年に始めた。

 25日の「初冬のミニコンサート」は今年で3回目。市内外から約70人が訪れ、来場者と一緒に「われは湖(うみ)の子さすらいの 旅にしあればしみじみと」と合唱したほか、オリジナルの「君の笑顔見たいから」など計6曲を披露し、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 琵琶湖周航の歌は1917(大正6)年6月28日に誕生したとされ、100周年を迎える来年は高島市をPRする絶好の機会になる。北川さんと河野さんは「世代や男女を問わず、歌いやすく、親しみやすい曲だと思う。10代や20代の若者には知らない人も多い。次の世代へとバトンパスし、地域への愛情を育んでいきたい」と話している。

 同館では「来年は節目の年。リピーターも多いので、何とかコンサートを継続し、盛り上げたい」と話す。

【 2016年12月04日 21時30分 】

ニュース写真

  • 発祥地の今津で「琵琶湖周航の歌」を歌う男性ユニット「~Lefa~」(高島市今津町中沼・琵琶湖周航の歌資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      クレジットのポイント、マイナンバーに移行 京都で実証実験

      20171213000081

       亀岡市はマイナンバーカードの制度を利用し、クレジットカードのポイントを自治体独自のポイ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浅田真央さん「みんな平等に」
      ロシアの平昌参加問題に

      20171213000074

       フィギュアスケートの元世界選手権女王で、4月に現役を退いた浅田真央さんが13日、ロシア..... [ 記事へ ]

      経済

      ホテルブランド 、多角化で活路  JR西や京阪HD

      20171213000032

       JR西日本と京阪ホールディングス(HD)の鉄道グループ2社が、京都や大阪を中心に展開す..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      一足早く「おめでとうさんどす」 京都の花街で事始め

      20171213000068

       花街や旧家で迎春準備を始める節目の「事始め」が13日、京都市内であった。芸舞妓が芸事の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]