出版案内
福祉事業団

カヤネズミの生息域保全を 滋賀・草津で全国サミット

地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)

 日本一小さなネズミで絶滅の恐れがあるカヤネズミの保全について考える「第2回全国カヤ・サミット」が4日、滋賀県草津市下物町の県立琵琶湖博物館であった。全国から集まった参加者約100人がカヤネズミの成育調査や飼育環境などについて理解を深めた。

 同博物館の開館20年周年と、カヤネズミの成育分布などを調べる市民団体「全国カヤネズミ・ネットワーク」設立15周年の記念イベントとして開かれた。

 カヤネズミは体長約6センチ、体重約7~8グラムで、草地や河原に生息。夜行性で、イネ科の植物で球形の巣を作る。河川改修や外来植物の影響で生息数が減り、県レッドデータブックの希少種とされている。

 サミットでは同ネットワーク代表の畠佐代子さん(47)が、インターネットを使った生息地図「全国カヤマップ」を紹介した。全国約5500カ所で生息しているとした上で「地域住民がカヤネズミの生息域を知り、環境を保全する必要がある」と述べた。

 1987年からカヤネズミを飼育する「富山市ファミリーパーク」の森大輔さん(40)は「絶滅を防ぐために、動物園で育てる環境が大事」と指摘した。

 カヤネズミの展示を今年7月から始めた琵琶湖博物館の学芸員澤邊久美子さん(32)は「カヤネズミの保全は、生物が多く生息する草地やヨシを守ることにもつながる」と語った。

【 2016年12月05日 10時06分 】

ニュース写真

  • 地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
  • 絶滅の恐れが指摘されているカヤネズミ(県立琵琶湖博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      ナヤマズンが異議あり 滋賀弁護士会LINEスタンプ

      20170325000146

       滋賀県の弁護士らが、滋賀弁護士会マスコットキャラクター「ナヤマズン」を使った無料通信ア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都フローラ開幕戦、埼玉に黒星 女子プロ野球

      20170325000157

       女子プロ野球8年目のリーグが25日、わかさスタジアム京都で開幕し、京都フローラは延長八..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜空の並木、水面に映え 「岡崎桜回廊十石舟」始まる 

      20170325000162

       夜桜を舟の上からめでる「岡崎桜回廊ライトアップ&十石舟めぐり」が25日、京都市左京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都府立医大、学外から学長 組長収監問題

      20170325000158

       京都府立医科大は25日、新学長に竹中洋・前大阪医科大学長(68)を内定した。大学による..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]