出版案内
福祉事業団

カヤネズミの生息域保全を 滋賀・草津で全国サミット

地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)

 日本一小さなネズミで絶滅の恐れがあるカヤネズミの保全について考える「第2回全国カヤ・サミット」が4日、滋賀県草津市下物町の県立琵琶湖博物館であった。全国から集まった参加者約100人がカヤネズミの成育調査や飼育環境などについて理解を深めた。

 同博物館の開館20年周年と、カヤネズミの成育分布などを調べる市民団体「全国カヤネズミ・ネットワーク」設立15周年の記念イベントとして開かれた。

 カヤネズミは体長約6センチ、体重約7~8グラムで、草地や河原に生息。夜行性で、イネ科の植物で球形の巣を作る。河川改修や外来植物の影響で生息数が減り、県レッドデータブックの希少種とされている。

 サミットでは同ネットワーク代表の畠佐代子さん(47)が、インターネットを使った生息地図「全国カヤマップ」を紹介した。全国約5500カ所で生息しているとした上で「地域住民がカヤネズミの生息域を知り、環境を保全する必要がある」と述べた。

 1987年からカヤネズミを飼育する「富山市ファミリーパーク」の森大輔さん(40)は「絶滅を防ぐために、動物園で育てる環境が大事」と指摘した。

 カヤネズミの展示を今年7月から始めた琵琶湖博物館の学芸員澤邊久美子さん(32)は「カヤネズミの保全は、生物が多く生息する草地やヨシを守ることにもつながる」と語った。

【 2016年12月05日 10時06分 】

ニュース写真

  • 地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
  • 絶滅の恐れが指摘されているカヤネズミ(県立琵琶湖博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      観光バス横転し6人軽傷、北海道
      韓国人の乗客34人など乗車

      20171217000105

       17日午後4時半ごろ、北海道上富良野町の道道で、大型観光バスが横転し、道路外に逸脱した..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレー、6連覇狙った久光敗れる
      全日本選手権

      20171218000005

       バレーボールの全日本選手権第3日は17日、東京体育館で準々決勝が行われ、女子は6連覇を..... [ 記事へ ]

      経済

      女性12人が起業プラン競う 大津でコンテスト

      20171217000089

       女性起業家を発掘し支援する「大津・女性ビジネスプランコンテスト」が16日、大津市のホテ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      各地の郷土芸能、高校生が熱演 京都で全国フェス

      20171217000107

       郷土芸能や邦楽を披露する「全国高校生伝統文化フェスティバル」(文化庁、京都府など主催)..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]