出版案内
福祉事業団

飛び込みプールどうする? 24年滋賀国体、費用巡り慎重意見

閉鎖予定の飛び込みプール。再整備を巡り、県議会では慎重意見が出ている(彦根市・県立彦根総合運動場)
閉鎖予定の飛び込みプール。再整備を巡り、県議会では慎重意見が出ている(彦根市・県立彦根総合運動場)

 2024年の滋賀国体に向け、滋賀県が整備を検討する水泳の飛び込み用プールを巡り、県議会から整備に慎重な意見が出ている。併せて整備が必要な50メートル、25メートルのプールと合わせて55億~115億円と多額の費用が見込まれるためで、多くの県議から県外開催を支持する声が続出。国体ではほかにも施設の確保が求められる競技が控えており、財政負担の軽減と競技力の向上のはざまで難しい選択が迫られそうだ。

 滋賀県には、彦根市の県立彦根総合運動場に1981年の国体で使用した飛び込み用プールがある。24年国体で一帯が主会場として再整備されるため、隣接する50メートル、25メートルの両プールとともに閉鎖される。

 そのため、県は彦根総合運動場と同じ50メートル、25メートル、飛び込み用の三つのプールを備えた新施設を計画。三つとも屋内施設にした場合115億円かかると試算し、飛び込みプールのみを屋外にした場合でも55億円が必要と見込んでいる。

 一方、県立体育館の建設や彦根市の主会場整備など大事業が控える中、県議会では自民党県議から「利用頻度が少なく、費用対効果に見合うのか」「県内にこだわる必要もないのではないか」と県外開催の提案が相次いだ。他会派の県議も「他県と比べても滋賀県の事業費は異常に大きい。必要最小限にとどめるべき」「大阪の施設を使う議論はなかったのか」と疑問の声が出された。

 彦根市の飛び込みプールは今夏、中高生の部活動や大会を中心に延べ約2千人が利用した。県は「多い少ないの議論もあるが、基本的には一体的に整備する考え」(スポーツ課)とし、飛び込みプールも建設する方針だ。

 滋賀国体では、ほかにもライフル射撃やクレー射撃、弓道や山岳競技などで、仮設も含めた施設整備が必要になると見込まれている。

【 2017年01月19日 17時00分 】

ニュース写真

  • 閉鎖予定の飛び込みプール。再整備を巡り、県議会では慎重意見が出ている(彦根市・県立彦根総合運動場)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      乳幼児の玩具のみ込みに注意
      2センチ以下、喉に詰まりやすい

      20171120000113

       消費者安全調査委員会(消費者事故調)は20日、乳幼児が小さなおもちゃを口に入れ、誤って..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値135円安
      円高で業績期待が後退

      20171120000090

       週明け20日の東京株式市場は外国為替相場が円高に振れたことで企業業績拡大への期待が後退..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]