出版案内
福祉事業団

産卵ホンモロコ、遊漁者も規制へ 滋賀県など検討

伊庭内湖でヨシの根元に産卵するホンモロコ
伊庭内湖でヨシの根元に産卵するホンモロコ

 滋賀県や漁業者、遊漁者などでつくる県内水面漁場管理委員会は、資源の回復が見られる琵琶湖の固有魚、ホンモロコの産卵を保護しようと、今春から伊庭内湖(東近江市)と西の湖(近江八幡市)周辺の河川で、初めて一般の遊漁者を含めた捕獲規制を検討している。

 ホンモロコはコイ科の淡水魚で、冬は琵琶湖の沖合の深い場所で過ごし、春になると沿岸や西の湖(近江八幡市)、伊庭内湖(東近江市)などで産卵する。古くから食材として親しまれ、特に産卵期の子持ちのメスは美味として珍重されている。

 最盛期の漁獲量は年間350トンほどだったが、最近10年ほどは10トン前後で推移。稚魚の放流や漁業者の自主的な禁漁などの取り組みが進み、近年はわずかだが増加に転じている。

 県の調査では、伊庭内湖に流入する瓜生川や躰光寺川、西の湖に流入する山本川は産卵期の春に比較的水温が高いことなどから重要な産卵場所となっていて、遊漁者による投網やたも網での捕獲量が増加しているという。この場所で捕獲の影響がなく産卵した場合、琵琶湖全体のホンモロコが10~20%増加すると試算している。

 規制はこの3河川の一部区域を検討していて、期間は産卵期の4~5月。川に入ることで卵が踏みつぶされるなどの影響を抑えるため、全ての水産動物の捕獲を禁止する。県水産課は「規制は将来もホンモロコを楽しむためにプラスになると考えている。まずは規制案を知ってもらい、意見を寄せてほしい」としている。

 規制案は県のホームページhttp://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e‐shinbun/gf0002/20161228.htmlで閲覧できる。意見は電子メールやファクスなどで30日まで受け付ける。問い合わせは水産課TEL077(528)3874。

【 2017年01月25日 08時37分 】

ニュース写真

  • 伊庭内湖でヨシの根元に産卵するホンモロコ
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      山陽新幹線で信号トラブル
      岡山―博多一時見合わせ

      20170925000173

       25日午後9時20分ごろ、JR新下関駅(山口県下関市)で山陽新幹線の信号が正しく表示さ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      野村敏京、一つ下げ25位
      女子ゴルフ世界ランキング

      20170926000006

       女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、野村敏京は前週から一つ下げて25位だった..... [ 記事へ ]

      経済

      財政健全化の目標先送り
      人づくり2兆円、ばらまき批判も

      20170925000094

       衆院解散・総選挙を決断した安倍晋三首相は25日、「人づくり革命」に2兆円を投じる方針を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      髪型の時代行列、祇園練り歩く 京都で櫛まつり

      20170925000096

       使い古した櫛(くし)に感謝し、供養する「櫛まつり」が25日、京都市東山区の安井金比羅宮..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]