出版案内
福祉事業団

産卵ホンモロコ、遊漁者も規制へ 滋賀県など検討

伊庭内湖でヨシの根元に産卵するホンモロコ
伊庭内湖でヨシの根元に産卵するホンモロコ

 滋賀県や漁業者、遊漁者などでつくる県内水面漁場管理委員会は、資源の回復が見られる琵琶湖の固有魚、ホンモロコの産卵を保護しようと、今春から伊庭内湖(東近江市)と西の湖(近江八幡市)周辺の河川で、初めて一般の遊漁者を含めた捕獲規制を検討している。

 ホンモロコはコイ科の淡水魚で、冬は琵琶湖の沖合の深い場所で過ごし、春になると沿岸や西の湖(近江八幡市)、伊庭内湖(東近江市)などで産卵する。古くから食材として親しまれ、特に産卵期の子持ちのメスは美味として珍重されている。

 最盛期の漁獲量は年間350トンほどだったが、最近10年ほどは10トン前後で推移。稚魚の放流や漁業者の自主的な禁漁などの取り組みが進み、近年はわずかだが増加に転じている。

 県の調査では、伊庭内湖に流入する瓜生川や躰光寺川、西の湖に流入する山本川は産卵期の春に比較的水温が高いことなどから重要な産卵場所となっていて、遊漁者による投網やたも網での捕獲量が増加しているという。この場所で捕獲の影響がなく産卵した場合、琵琶湖全体のホンモロコが10~20%増加すると試算している。

 規制はこの3河川の一部区域を検討していて、期間は産卵期の4~5月。川に入ることで卵が踏みつぶされるなどの影響を抑えるため、全ての水産動物の捕獲を禁止する。県水産課は「規制は将来もホンモロコを楽しむためにプラスになると考えている。まずは規制案を知ってもらい、意見を寄せてほしい」としている。

 規制案は県のホームページhttp://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e‐shinbun/gf0002/20161228.htmlで閲覧できる。意見は電子メールやファクスなどで30日まで受け付ける。問い合わせは水産課TEL077(528)3874。

【 2017年01月25日 08時37分 】

ニュース写真

  • 伊庭内湖でヨシの根元に産卵するホンモロコ
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      警察署跡地に重症障害者施設 滋賀・甲賀に19年4月

      20180122000092

       11月に新築移転した甲賀署の旧庁舎跡地(滋賀県甲賀市水口町本綾野)に、重症心身障害者通..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪マスコット、5千校超が投票
      締め切りまで、あと1カ月

      20180122000083

       2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選ぶ全国の小学校の学級単位の投票は..... [ 記事へ ]

      経済

      ピジョン、ベビーカーを無償交換
      1万1千台

      20180122000082

       ピジョンは22日、ベビーカー「ビングル」の一部で前輪が動きにくくなる可能性があるとして..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地名ゆかり「源平」テーマに展示 滋賀・栗東の博物館

      20180122000094

       滋賀県栗東市手原の地名の由来とされる「手孕(てはらみ)伝説」が登場する歌舞伎や浄瑠璃の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]