出版案内
福祉事業団

がんと闘う2人、滋賀の情景を詞と曲に 27日に初演奏会

演奏会の打ち合わせをする(右から)南さんと呉竹さん、今江さん=近江八幡市浅小井町
演奏会の打ち合わせをする(右から)南さんと呉竹さん、今江さん=近江八幡市浅小井町

 がんと闘う県内の作詞家と作曲家が手がけた歌「ふるさとの四季」の初めての演奏会が27日、近江八幡市土田町の市立総合医療センターで開かれる。湖国の豊かな風土を童謡調で表現しており、2人は「子どもたちに歌い継いでもらいたい」と願う。

 同市浅小井町の作詞家南英市さん(80)が麦踏みやひな飾り、軒つばめ、大根洗いなど四季の情景を12カ月に分けて七五調でつづり、大津市国分2丁目の音楽療法士呉竹英一さん(76)が口ずさみやすいように音域を1オクターブ以内に抑えてそれぞれ作曲した。

 「菱(ひし)餅供えて雪洞(ぼんぼり)に 灯(あか)り点(とも)した段かざり ずらり並んだひいな様 じっと眺めて妹と 二人で語る雛の夜」といった歌詞をピアノの軽快なメロディーにのせ、一番当たり30~40秒にまとめている。

 歌手今江充子さん(37)=近江八幡市孫平治町=を交えた打ち合わせが21日にあり、今江さんが歌声を披露した。40度の発熱が下がり、今月中旬に退院した南さんは「これで私の原風景を残せる」とうなずいた。昨年の4回の入退院を経て演奏会後に再入院する呉竹さんは「当日が楽しみ。多くの人に聞いてもらいたい」、今江さんは「2人の気持ちを受け止めて責任感をもって歌います」と話す。

 演奏会は午後4時から1階ロビーで。12曲に加え、太鼓を使った浪花節の新曲「夢幻安土城」なども発表する。入場無料。

【 2017年01月26日 12時31分 】

ニュース写真

  • 演奏会の打ち合わせをする(右から)南さんと呉竹さん、今江さん=近江八幡市浅小井町
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]