出版案内
福祉事業団

がんと闘う2人、滋賀の情景を詞と曲に 27日に初演奏会

演奏会の打ち合わせをする(右から)南さんと呉竹さん、今江さん=近江八幡市浅小井町
演奏会の打ち合わせをする(右から)南さんと呉竹さん、今江さん=近江八幡市浅小井町

 がんと闘う県内の作詞家と作曲家が手がけた歌「ふるさとの四季」の初めての演奏会が27日、近江八幡市土田町の市立総合医療センターで開かれる。湖国の豊かな風土を童謡調で表現しており、2人は「子どもたちに歌い継いでもらいたい」と願う。

 同市浅小井町の作詞家南英市さん(80)が麦踏みやひな飾り、軒つばめ、大根洗いなど四季の情景を12カ月に分けて七五調でつづり、大津市国分2丁目の音楽療法士呉竹英一さん(76)が口ずさみやすいように音域を1オクターブ以内に抑えてそれぞれ作曲した。

 「菱(ひし)餅供えて雪洞(ぼんぼり)に 灯(あか)り点(とも)した段かざり ずらり並んだひいな様 じっと眺めて妹と 二人で語る雛の夜」といった歌詞をピアノの軽快なメロディーにのせ、一番当たり30~40秒にまとめている。

 歌手今江充子さん(37)=近江八幡市孫平治町=を交えた打ち合わせが21日にあり、今江さんが歌声を披露した。40度の発熱が下がり、今月中旬に退院した南さんは「これで私の原風景を残せる」とうなずいた。昨年の4回の入退院を経て演奏会後に再入院する呉竹さんは「当日が楽しみ。多くの人に聞いてもらいたい」、今江さんは「2人の気持ちを受け止めて責任感をもって歌います」と話す。

 演奏会は午後4時から1階ロビーで。12曲に加え、太鼓を使った浪花節の新曲「夢幻安土城」なども発表する。入場無料。

【 2017年01月26日 12時31分 】

ニュース写真

  • 演奏会の打ち合わせをする(右から)南さんと呉竹さん、今江さん=近江八幡市浅小井町
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]