出版案内
福祉事業団

世界の古代湖と比較研究を深化 琵琶博、マケドニア研と協定

協力協定を結んだ琵琶湖博物館の篠原徹館長(左)とオフリド水生生物研究所長=1月17日、マケドニア(琵琶湖博物館提供)
協力協定を結んだ琵琶湖博物館の篠原徹館長(左)とオフリド水生生物研究所長=1月17日、マケドニア(琵琶湖博物館提供)

 滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)は26日、マケドニアにある世界有数の古代湖・オフリド湖を研究するオフリド水生生物研究所と協力協定を結んだと発表した。海外の研究施設との協定締結は5カ所目で、同博物館は「他の古代湖との比較研究を通じ、約400万年の歴史を持つ琵琶湖の価値の再評価につなげたい」としている。

 オフリド湖は400~500万年の歴史があるともいわれ、マスなど多くの固有種が生息する。面積は琵琶湖の約半分の358平方キロメートル、最大水深は約3倍の288メートル。透明度が高く、湖畔のオフリド市街とともに国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている。

 17日に篠原徹館長が同研究所を訪れ、エリザベータ・サラフィロスカ所長と協定書に調印した。今後は研究者の相互派遣や共同研究、シンポジウムの開催などで連携していく。同博物館は2020年度まで3期に分けてリニューアルを進めており、「常設展示にも生かしていければ」と話す。

【 2017年01月26日 22時30分 】

ニュース写真

  • 協力協定を結んだ琵琶湖博物館の篠原徹館長(左)とオフリド水生生物研究所長=1月17日、マケドニア(琵琶湖博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      沖縄・辺野古埋め立て着工1カ月
      延びる護岸、濁る海

      20170524000120

       政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山中慎介、8月にV13戦
      防衛記録懸け同級1位選手と

      20170524000149

       世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が次戦で同級1位のルイス..... [ 記事へ ]

      経済

      ドコモ、海外でもdポイント付与
      6月からグアムで

      20170524000135

       NTTドコモは24日、携帯電話料金やコンビニの支払いで付与する「dポイント」の海外展開..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      喫茶の文化、現代流に復興を 小川流煎茶新家元

      20170524000098

       小川流煎茶(京都市北区)の七代家元を小川後楽さん(45)が21日に襲名した。次期家元と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国宝・不動明王像、鮮やかに復元模写 京都・醍醐寺

      20170523000124

       醍醐寺所蔵の国宝の密教絵画「絹本著色(けんぽんちょしょく)五大尊像」の一つ「不動明王像..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]